第29回 設計・製造ソリューション展
ニュース
» 2018年07月03日 14時00分 公開

3D設計推進者が見たDMS2018:トポロジー最適化やAR、Tactonとの連携、「Creo5.0」の進化

PTCジャパンは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社の3D設計ツール最新版「Creo 5.0」や、エンタープライズ向けIoT/ARソリューションなどを展示した。

[土橋美博/飯沼ゲージ製作所,MONOist]

 PTCジャパンは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社の3D設計ツール最新版「Creo 5.0」や、エンタープライズ向けIoT/ARソリューションなどを展示した。

Creo5.0にトポロジー最適化の実装

Creo 5.0のトポロジー最適化で生成したモデルで造形した部品サンプル

 Creo 5.0からはトポロジー(位相)最適化機能が完全統合という形で新たに実装された。これまでトポロジー最適化機能の実装については、競合他社の3D CADが先行していたが、Creo5.0への実装では、トポロジー最適化を行った結果の保存が、ポリゴンサーフェス(※1)だけではなく、パラメトリックジオメトリ(※2)として保存できるようになったことは特筆すべきだと感じた。

※1:ポリゴンサーフェス:モデル表面にのみポリゴン面(三角面)の集まりで構成されたサーフェス
2:パラメトリックジオメトリ:フィーチャーを形作る要素であり、その要素は寸法(パラメータ)によって定義される

 この保存形式により、トポロジー最適化の使用用途が、3Dプリンタへの出力だけではなく、製造に適したモデル編集や、最適化の結果からそのまま構造解析を行うなどの運用が可能となる。開発設計現場でも、トポロジー最適化の運用は拡大するかもしれない。

Tactonとの連携

 製品コンフィギュレーション/自動設計ツール「Tacton Design Automation」(Tacton Systems:本社はスウェーデン)がいよいよPTC製品と連携し、Creo5.0ともつながってくる。

Tacton Design Automationの説明を聞く筆者

 Tacton Design Automationはこれまでもさまざまなブランドの3D CADと連携していたが、今回からCreo5.0とも連携が可能となった。このツールは、CADのコンフィグレータ機能を持っており、設計のルール化を行って自動設計を実施し、顧客とのコミュニケーションを行う仕組みを持っている。

Tacton Design Automation Studioの機能

  • コンフィギュレーションルールの設定
  • 3Dモデルと設計ルールデータの連携
  • 仕様を入力するユーザーインタフェースの構成設定

Tacton Design Automation Engineerの機能

  • 要求仕様の入力により自動的で要求仕様が反映された3Dモデルと図面の出力
  • 外部システム(ERP、PDMなど)との連携

Tacton CPQ(CPQ:Configuration・Pricing・Quoting)の機能

  • CADユーザーではない営業担当が客先で製品バリエーションと価格・納期をコンフィギュレーションデータに基づき可視化する

 今後は、PTCのPLMシステム「Windchill」とTactonとの連携を予定しているとのことで、コンフィギュレーションデータをPDMで管理していけるようになるという。

Creo に統合された拡張現実(AR)/IoT

 その他、デジタルツインに関する展示も行った。デジタルツインとは、フィジカル空間の情報をIoTなどを活用して、ほぼリアルタイムでサイバー空間に送ることができるもの。サイバー空間内にフィジカル空間の環境を再現できることが特徴だ。その環境により、フィジカル空間のさまざまな箇所のモニタリングを行える他、シミュレーションなどを活用することで、将来の故障や変化を予測できる。

 PTCでは関連技術として、実製品の挙動を抽出するセンサーとモデル内とのセンサーをつなぐ仕組みや、ARを用いたコミュニケーションツールなどを紹介した。特にARについては独自ソリューションの「Vuforia」を積極的に訴求しており、PTCのARに対する技術戦略を体感することができた。

AR関連の展示
(写真左)PTCジャパン 製品技術事業部 CAD技術本部 シニアアプリケーションスペシャリスト 財前紀行氏から話を聞く(中央)筆者

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.