ニュース
» 2018年07月04日 15時00分 公開

医療機器ニュース:医療機器の状態を見守るリモート監視システムサービスを開始

日本光電は、機器の状態を常に見守る医療機器リモート監視システム「MD Linkage」のサービスを開始する。全自動血球計数器「MEK-9100 セルタックG」、全自動血球計数・免疫反応測定装置「MEK-1303 セルタックα+」向けのサービスだ。

[MONOist]

 日本光電は2018年6月15日、機器の状態を常に見守る医療機器リモート監視システム「MD Linkage(エムディーリンケージ)」のサービスを開始すると発表した。販売中の全自動血球計数器「MEK-9100 セルタックG」と新規発売の全自動血球計数・免疫反応測定装置「MEK-1303 セルタックα+」向けのサービスとなる。【訂正あり】

 MD Linkageは、通信ボックスを機器に接続し、サーバに稼働情報を自動送信することで同社コールセンターでのリモート集中監視を可能にする。コールセンターで機器の異常、故障を検知した場合や、予防保守が必要と判断した場合、ユーザーに電話し、状況を確認。点検、修理が必要な場合には、全国約70カ所の現地フィールドサービスと連携し、早期の障害復旧を目指す。

【訂正】現地フィールドサービスの数を当初「約7カ所」と表記していましたが正しくは「約70カ所」でした。本文は修正済みです

 また、機器に内蔵した各種センサーの値や部品の動作回数、動作ログ、内部設定などのさまざまな稼働情報を自動的に収集。将来的には、蓄積したデータを活用したサービスの提供を目指すとしている。

 情報セキュリティを考慮しており、個人情報、医療情報を含まないデータを送信。データは、MD Linkage通信ボックスから携帯電話無線網を利用した専用の閉域網を介してサーバに送信するため、安全性、信頼性に優れる。

 将来的に、サービス対応機器のラインアップを増やすことを予定。また、蓄積したデータを活用し、サービスの充実を目指すとしている。

photo 「MD Linkage」の保守サービス体制 出典:日本光電

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.