ニュース
» 2018年07月05日 07時00分 公開

FAニュース:メキシコにテクニカルセンターを新設、地域密着型のサービスを提供

アマダホールディングスは、メキシコにモンテレイテクニカルセンターを新設した。潜在的な需要や現地の顧客ニーズに対して迅速にサービスを提供できるよう体制を確立し、売上拡大を目指す。

[MONOist]

 アマダホールディングスは2018年6月7日、メキシコにモンテレイテクニカルセンターを新設した。これにより、潜在的な需要や現地の顧客ニーズに対して迅速にサービスを提供できるよう体制を確立し、2021年度までに2017年度比で約30%の売上拡大を目指す。

 モンテレイ市郊外のStiva工業団地にオープンした同センターは、延床面積が2130m2で、1階建の建屋に展示場、セミナールーム、事務所などを備える。

 アマダの各種機械も展示されており、例えばファイバーレーザーマシン「ENSIS-3015AJ」、パンチングマシン「AE-2510NT」、ベンディングマシンの「HG-1303」「EG-6013」「HM-1003」が展示されている。

 同センターでは、最新のマシンやソフトウェアを使用し、実証加工や加工技術の提案、現場のオペレーターに対するマシン操作の研修など、現地ユーザーの課題を解決するためのサービスを提供する。

photo モンテレイテクニカルセンターの外観 出典:アマダホールディングス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.