ニュース
» 2018年07月05日 15時00分 公開

医療機器ニュース:抗加齢医療の市場規模、2022年に9兆円超に拡大

Frost & Sullivanは、「抗加齢療法・サービス:2022年に向けた市場トレンドおよび成長機会」の調査結果を発表した。抗加齢医療のグローバル市場規模は2022年に856億ドルに成長すると予測する。

[MONOist]

 Frost & Sullivanは2018年6月20日、A4Mと共同で実施した調査「抗加齢療法・サービス:2022年に向けた市場トレンドおよび成長機会」を発表した。抗加齢医療のグローバル市場は、2017年から2022年に向けて年平均成長率6.5%で成長し、同市場規模は2022年に856億ドル(約9兆3700億円)に成長すると予測する。

 今回の調査における抗加齢医療市場は、臨床医療、栄養補助サプリメント、美容療法の3つの分野を対象とした。抗加齢医療ではテクノロジーが重要な要素を占め、特にAI(人工知能)、ビッグデータアナリティクス、IoT(モノのインターネット)&クラウドコンピューティング、モバイルデバイスの4つの技術の活用が見込まれるという。

 具体的には、AI搭載のバーチャルアシスタントによる服薬順守の改善、ビッグデータアナリティクスによる製薬企業とテクノロジー企業の業務提携、身体装着型のヘルストラッカーなどIoTおよびクラウドベースのソリューションの需要促進、モバイルデバイスの普及による服薬順守などの用途におけるアプリケーション開発の促進などだ。

 また、企業が抗加齢医療での新たな市場機会を活用するには、老化細胞などの加齢現象を標的にした薬理学的アプローチの採用、細胞治療や遺伝子治療を中心とした再生医療の開発、栄養サプリメント、個人のゲノムに基づいた食事、断食式ダイエットなどの臨床的に確証された成果を出す食生活の推進、ビッグデータアナリティクス、AI、クラウド、モバイルテクノロジーを用いた治療アプリやデジタルピルの活用推進、不快な症状を最小限に抑えて長期スパンでの効果を保つ美容施術の開発、などの取り組みが求められるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.