デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2018年07月10日 08時00分 公開

CAEニュース:2017年の機械系CAE世界市場の調査結果を発表、前年比6.7%増に

矢野経済研究所は、2017年の機械系CAE世界市場に関する調査結果を発表した。好調な経済環境を背景とした製造業の強気な設備投資により、CAE市場に好影響を与えていることが明らかになった。

[MONOist]

 矢野経済研究所は2018年6月20日、CAEベンダーを対象に、2017年の機械系CAE世界市場に関する調査結果を発表した。製造業の継続した設備投資が、CAE市場に好影響を与えていることが明らかになった。

 2017年の機械系CAE世界市場規模(事業者売上高ベース)は、前年比6.7%増の33億6500万米ドルだった。好調な経済環境を背景とし、全世界の製造業が強気な設備投資を続けた結果、CAE市場は好調に推移している。

 機械系CAEでは、オープンソースソフトウェアの利用が進んでおり、CAEメーカー、CAEベンダーでは、ビジネスの主体がライセンスからサービスに移行すると予想される。また、クラウドコンピューティングを基本としたプラットフォームへの移行もあり、SaaSへの対応など、新規のビジネスモデルへの対応が求められている。

 2020年の機械系CAE世界市場規模(事業者売上高ベース)は、中期的に安定的な成長を続けると見られ、44億万米ドルになると予測。一方で、機械系CAEは成熟化しており、成長率は2020年以降、徐々に鈍化すると考えられる。

photo 機械系CAE世界市場規模推移・予測 出典:矢野経済研究所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.