ニュース
» 2018年07月10日 09時00分 公開

製造ITニュース:ITとOTの連携実現、データ分析ツールと業務ITシステムをIoTプラットフォームで

日立製作所は、MathWorksのデータ分析ツール「MATLAB/Simulink」とMicrosoftの業務ITシステム「Dynamics 365」を同社のIoTプラットフォーム「Lumada」によって連携させる技術を開発した。

[MONOist]

日立製作所(日立)は2018年6月20日、MathWorksのデータ分析ツール「MATLAB/Simulink」とMicrosoftの業務ITシステム「Dynamics 365」をIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Lumada」で連携させる技術を開発したと発表した。従来分断されていたOT(Operational Technology)システムと業務ITシステムの連携を自動化し、OTデータの高度分析による業務改善を支援する。

 日立のLumadaは、GUIプログラミングツールとして「Node-RED」を採用し、データ収集から分析までの手順構築を迅速化している。同社は今回、このNode-REDを活用し、MATLAB/SimulinkとMicrosoft Dynamics 365を連携させた。

 具体的には、MATLABのデータ分析アルゴリズム「摩耗状態推定モデル」をNode-REDから制御。これをDynamics 365 for Field Service上の業務データ・案件データと組み合わせ、摩耗による故障予知に基づく保守案件情報の自動登録を可能にした。これにより、高度なデータ分析と業務管理システムを連携させたソリューションを迅速かつ容易に構築できるという。

 今後日立では、分析アルゴリズムや連携可能な業務システムの拡充などを進める。また、OSS(Open Source Software)コミュニティーと連携し、積極的なコミュニティー貢献を目指すとしている。

photo 「Lumada」による「MATLAB」および「Dynamics 365」の連携イメージ 出典:日立製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.