ニュース
» 2018年07月17日 08時00分 公開

車載ソフトウェア:車載SoC向けハイパーバイザーの開発を支援するサポートパッケージを提供

ルネサス エレクトロニクスは、車載用SoC「R-Car」向けの「R-Car仮想化サポートパッケージ」の提供を開始すると発表した。ハイパーバイザーの開発ガイドドキュメントと、レファレンスソフトウェアを無償で提供する。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2018年6月28日、車載用SoC(System on Chip)「R-Car」向けのハイパーバイザー開発を容易にする「R-Car仮想化サポートパッケージ」を同年7月から提供開始すると発表した。ソフトウェアベンダーに向けて、R-Car用ハイパーバイザーの開発ガイドドキュメントと、レファレンスソフトウェアを無償で提供し、組み込み向けハイパーバイザーの開発を支援する。

 ハイパーバイザーとは、LinuxやAndroid、RTOS(Real Time Operating Sytem)など複数のゲストOSを完全に独立させて1チップ上で動作できるようにする仮想化OSのこと。第3世代のR-Carは、ハイパーバイザーを搭載することを前提に設計されており、Arm CPU、GPU、Video/Audio用IPなどは仮想化機能を搭載している。

 開発ガイドドキュメントは、R-Carのハードウェアマニュアルや仮想化機能の理解を容易にし、R-Carの性能を生かしたハイパーバイザーの実装を支援する。レファレンスのサンプルソフトウェアは、ハイパーバイザーの早期開発につながるという。

 同社は2017年4月にR-Car用のハイパーバイザーを発表しており、今回の仮想化サポートパッケージの提供により、ハイパーバイザーの普及と、統合コックピットシステムやコネクテッドカーの開発促進を期待している。

photo 「R-Car仮想化サポートパッケージ」のイメージ(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.