ニュース
» 2018年07月18日 09時00分 公開

キャリアニュース:製造業がトップ――2018年5月のグローバル転職求人倍率

ダイジョブ・グローバルリクルーティングが、2018年5月末時点のグローバル転職求人倍率について発表。倍率は1.85倍で、前月や昨年同月と比べて上昇しており、求職者に有利な市況となっている。倍率トップの業種は4.54倍の「製造業」だった。

[MONOist]

 ダイジョブ・グローバルリクルーティングは2018年6月27日、2018年5月末時点のグローバル転職求人倍率について発表した。

 グローバル転職求人倍率は、2カ国語以上の言語において、ビジネスレベル以上のスキルを条件とする求人数÷そのスキルを持つ求職者数にて算出。2018年5月のグローバル転職求人倍率は1.85倍だった。この値は前月より0.26ポイント高く、2017年同月の1.24倍と比べても0.61ポイント上昇していることから、求職者に有利な市況となっている。なお、グローバル転職求人倍率は、2017年10月から8カ月連続で、求人倍率が前年同月を上回っている。

倍率トップの業種は「製造業」

 業種別に見ると、グローバル転職求人倍率のトップは「製造業」(4.54倍)。続いて「農林水産、鉱業」(4.17倍)、「情報通信業」(3.91倍)だった。

photo 業種別グローバル転職求人倍率TOP3(クリックで拡大) 出典:ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 求人数が前月と比べて増加したのは、「卸売業、小売業」「宿泊業、飲食サービス業」「金融業、保険業」「運輸業、郵便業」「情報通信業」「サービス業」「農林水産、鉱業」の7業種。求職者数は「卸売業、小売業」「建設業、不動産業、物品賃貸業」「医療、福祉」の3業種が、前月と比べて増加している。

photo 業種別グローバル転職求人倍率(クリックで拡大) 出典:ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 グローバル転職求人倍率を職種別に見ると、「メディカル、医薬、バイオ、素材、食品技術系」が18.00倍で最も高かった。続いて「電機(電気、電子、半導体)技術系」(16.33倍)、「総務、人事、法務」(5.50倍)だった。「電機(電気、電子、半導体)技術系」は前月比で+9.33ポイントと、他の職種と比べて突出して増加している。

photo 職種別グローバル転職求人倍率TOP3(クリックで拡大) 出典:ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 前月と比べて求人数が増加した職種は、「IT技術系」「財務、会計」「総務、人事、法務」「カスタマーサービス」「営業」「コンサルティング」「ホテル、レジャー、外食系、旅行」「金融、銀行、証券、保険関連」「クリエイティブ(インターネット関連)」「クリエイティブ(広告、出版、放送、映像関連、その他)」の10職種。

 求職者数は「IT技術系」「機械(自動車、プラント、精密機器)」「営業」「医療、福祉、介護」「金融、銀行、証券、保険関連」「クリエイティブ(インターネット関連)」の6職種が、前月と比べて増加している。

photo 職種別グローバル転職求人倍率(クリックで拡大) 出典:ダイジョブ・グローバルリクルーティング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.