ニュース
» 2018年07月23日 07時00分 公開

FAニュース:加熱時間を約12秒に短縮した薄板CFRP急速加熱装置

中部電力は、薄板CFRPを約12秒で加熱できる急速加熱装置「CF-1」を開発した。薄板CFRPの赤外線吸収特性を分析し、最も効率よく熱を吸収する赤外線波長を出力できる高出力カーボンヒーターを採用している。

[MONOist]

 中部電力は2018年7月3日、薄板CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic:炭素繊維強化プラスチック)を約12秒で加熱できる急速加熱装置「CF-1」を発売した。メトロ電気工業、佐藤鉄工所との共同開発によるもので、佐藤鉄工所が販売する。

 薄板CFRPは、重量が鉄の4分の1ながら2.5倍の強度を持ち、産業分野での利用が進んでいる。その加工には、主に赤外線式加熱装置が使用されるが、同装置では厚さ1〜2mm程度の薄板CFRPのプレス成形に約60秒の加熱を必要としていた。

 今回3社は、CF-1の開発に際して薄板CFRPの赤外線吸収特性を分析したところ、最も効率よく熱を吸収する赤外線波長を発見。その波長を出力できる、高出力カーボンヒーターを開発した。これを装置に採用したことで、加熱時間を約12秒に短縮した。

 また、急速過熱で発生するCFRP内部のボイド(空隙)を抑制する加熱制御方法を開発し、高品質な加熱成形に対応した。さらに起動後、約1秒でヒーターが所定の出力に達するため、待機時間が不要になった。

 発熱部の長さは最大2000mmで、幅はユーザーの要望に応じる。薄板CFRPを赤外線で効率的に加熱可能になるため、薄板CFRPを使用する小型製品の大量生産などに有効だとしている。

photo 薄板CFRP急速加熱装置「CF-1」の外観 出典:中部電力
photo 過熱時 出典:中部電力
photo 「CF-1」とプレス装置の組み合わせ例 出典:中部電力

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.