特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年07月25日 10時00分 公開

製造ITニュース:データレイクで全てのデータを管理、ホートンワークスが製造業のIoT活用で提案

ホートンワークスジャパンはが製造業向けの事業展開について説明。従来のITシステムで扱ってきた構造化データに加えて、非構造化データや半構造化データもまとめて集積できる同社のデータプラットフォームを製造業のIoT活用に役立てられると提案した。

[朴尚洙,MONOist]

 ホートンワークスジャパンは2018年7月19日、東京都内で会見を開き、製造業向けの事業展開について説明した。

ホートンワークスジャパンの廣川裕司氏 ホートンワークスジャパンの廣川裕司氏

 ホートンワークス(Hortonworks)は、HadoopやNiFi、Sparkといったオープンソースソフトウェアを基にデータプラットフォームを展開する企業だ。従来のデータベースやデータウェアハウスから、非構造化データや半構造化データを集積できる「データレイク」への移行トレンドを捉え2011年の設立から成長を続けている。2017年の売上高は2億6180万米ドル(約291億円)で、この成長スピードはセールスフォース(Salesforce.com)を超えるという。日本市場でも2017年が前年比2倍、2018年は2倍以上になる見込み。ソフトバンクやリクルート、LIXIL、日産自動車、三菱ふそうトラック・バスなどが顧客となっている。

 ホートンワークスジャパン 執行役員社長の廣川裕司氏は「2018年4〜6月期は、国内で7社と契約したが、そのうち5社が製造業だった」と語り、製造業向けの提案活動が好調に推移していることを示唆した。

ホートンワークスで構築するコネクテッドデータプラットフォーム ホートンワークスで構築するコネクテッドデータプラットフォーム(クリックで拡大) 出典:ホートンワークス

世界トップ10社の自動車メーカーのうち9社が採用

ホートンワークスのマイケル・ガー氏 ホートンワークスのマイケル・ガー氏

 会見には、米国本社で製造&自動車担当のゼネラルマネジャーを務めるマイケル・ガー(Michael Ger)氏が登壇した。ガー氏は「ホートンワークスのデータプラットフォームは、世界トップ10社の自動車メーカーのうち9社、世界トップ100社の製造業のうち37社に採用されている」と語る。

 特に、製造業が注目するIoT(モノのインターネット)からのデータを効率よく集積する上で、従来のITシステムで扱ってきた構造化データに加えて、非構造化データや半構造化データもまとめて集積できる同社のデータプラットフォームが役立つと強調した。「製品の設計開発から製造、流通、販売、サービスに至るまでバリューチェーンの全てがデジタル化することで、扱うデータの量は膨大になっている。特に、IoTとの関わりが深い、時系列データをリアルタイムデータとして扱う需要は加速度的に高まっている」(ガー氏)。

 ホートンワークスの「HDP(Hortonworks Data Platform)」や「HDF(Horton Data Flow)」は、Hadoopなどのオープンソースソフトウェアを基に「従来のエンタープライズITシステムのデータとリアルタイムのIoTデータを含めて、あらゆるデータを“データレイク”でまとめて管理できる」(ガー氏)という。

データレイクであらゆるデータを管理リアルタイム分析とそれに対応するアクションが可能 データレイクでリアルタイムのIoTデータとエンタープライズITシステムのデータを管理する(左)。あらゆるデータを取り込むことでリアルタイム分析とそれに対応するアクションが可能になる(右)(クリックで拡大) 出典:ホートンワークス

 ガー氏は、ホートンワークスの製造業の採用事例としてフォード(Ford Motor)と大手製薬企業の事例を紹介した。フォードは2016年から、ホートンワークスのデータプラットフォームを用いたモビリティサービスの開発に取り組んでおり、2017年にはRTSA(Real-Time Streaming Analytics)を車両の予知保全などに活用できることを報告している。

フォードの採用事例大手製薬企業の採用事例 フォード(左)と大手製薬企業(右)の採用事例の概要(クリックで拡大) 出典:ホートンワークス

 ある大手製薬企業では、歩留まりに関わる何千ものパラメータの最適化に採用した。これまで1〜2のパラメータについてExcelベースで分析を行っていたところを、3カ月間でセンサーデータやヒストリアン(履歴)データ、ERPデータなどを対象に全ての製造バッチ(1200バッチ)で分析を実施したという。その結果、数百万米ドルものコスト削減につながったという。

 これらの他、米国ラスベガスにおけるコネクテッドカーの実証試験でもホートンワークスのソリューションが採用されている。

 なお、製造業のIoT活用で注目されているエッジコンピューティングについては「IoT活用に向けた取り組みの初期段階では、最適にエッジを活用することは難しい。そこで、当初はNiFiを用いたストリーミングアナリティクスを適用しつつ、徐々にエッジとクラウドの分担を決めていくことになるだろう」(ガー氏)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.