ニュース
» 2018年07月25日 14時00分 公開

3Dプリンタニュース:HPの“10倍速い”3Dプリンタを活用して部品生産のコンサルティングを開始

日本HPとSOLIZE Productsは、自動車や家電メーカー向けに補給部品の生産や管理に関するコンサルティングサービスを開始する。補給部品をオンデマンドで直接3D造形することにより、金型の管理コストやメンテナンス工数の大幅削減を目指す。

[MONOist]

 日本HPは2018年7月6日、同社の「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を導入したSOLIZE Productsと協力し、同月より自動車や家電メーカー向けに補給部品の生産・管理に関するコンサルティングサービスを開始すると発表した。

 両社が提供するサービスでは、造形のスピードと品質に優れたHP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューションを活用する。自動車や家電製品の補給部品を、従来工法ではなくオンデマンドで直接造形することで、金型の管理コストやメンテナンス工数の大幅削減を目指す。

 従来の3Dプリンティングによる造形方式と比べて、最大10倍の造形スピードで高品質の部品を生産できる。自動車のホイールセンターキャップを例に取ると、16時間(後処理工程を除く)で480個のパーツが造形可能だ。

 SOLIZE Productsは、顧客企業が有する補給部品の中から、同ソリューションでの造形に置き換えられる部品を選定。3Dプリンティングに合わせて最適に設計し、日本HPの技術支援を受けながら、最終製品へ向けて顧客企業と共に実装検証していく。

 検証後、置き換え可能な部品については、SOLIZE Productが部品造形を受託する、あるいは顧客企業に対して、HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューションの導入、運用サポートを提案する。

photo 「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を活用した補給部品の製造例(クリックで拡大) 出典:日本HP

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.