ニュース
» 2018年07月27日 15時00分 公開

医療機器ニュース:AI技術のR&D組織を設置、ヘルスケア産業や素材産業の研究を開始

富士フイルムホールディングスは、AIの基盤技術開発から社会実装までの一貫した研究に取り組む組織として、理研の革新知能統合研究センター内に「理研AIP-富士フイルム連携センター」を設置し、研究活動を開始した。

[MONOist]

 富士フイルムホールディングス(富士フイルムHD)は2018年7月9日、理化学研究所(理研)と共同で、AI(人工知能)の基盤技術開発から社会実装までの一貫した研究に取り組む組織として、理研の革新知能統合研究センター(AIPセンター)内に「理研AIP-富士フイルム連携センター」を設置し、研究活動を開始した。

 本センターでは、ヘルスケアおよび素材産業をグローバルにリードするAI技術の開発を目指す。具体的な主要研究テーマは、言語化された医学知見と画像認識の融合による次世代医療AIに関する研究開発、そして、データ駆動型の化合物探索や複合材料設計などマテリアルズ・インフォマティクスに関する研究開発の2つだ。

 また、本センターでは、富士フイルムHDの医療画像解析と認識技術・材料設計に関する知見と、AIPセンターのAI分野技術の知見を融合させる。富士フイルムHDが手掛けるヘルスケアと高機能材料の領域を対象に技術革新の創出を目指し、AI技術の活用、革新的な次世代AI基盤技術の開発から社会実装までの一貫した研究を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.