ニュース
» 2018年07月27日 08時00分 公開

ドローン:有線給電で長時間連続飛行、4K高画質のライブ映像を伝送するドローンサービス

ソニービジネスソリューションとエアロセンスは、有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービスの提供を開始した。長時間連続飛行をしながら、4K高画質の空撮映像を、遅延なく伝送できる。

[MONOist]

 ソニービジネスソリューションとエアロセンスは2018年7月17日、有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービスの提供を開始した。料金は、機材やオペレーターの派遣などを含むスタンダードプランが、1フライト60万円となっている(税別、諸経費が別途必要)。

photo 有線給電ドローン「AEROBO onAir」のイメージ(クリックで拡大) 出典:ソニービジネスソリューション

 両社が提供するのは、ソニーの4K対応カメラとエアロセンスが開発した有線給電ドローンを組み合わせたライブ撮影サービスだ。ドローンに給電するケーブルで映像も伝送するため、約6時間の長時間連続飛行をしながら、4K高画質の空撮映像を地上100mからほぼ遅延なく伝送できる。

 また、ジンバルによるカメラ制御(パンチルトズーム)で、高品質で多彩な空撮を提供。これらの特長を生かし、野外ライブ中継や高所の点検作業、災害時に人が入れないエリアの状況確認など、さまざまな利用シーンが想定されている。

 同サービスには、撮影機材の提供に加え、専門知識を備えたオペレーターの派遣も含まれる。ドローンの操縦や、飛行に必要な申請までオペレーターに任せられるため、ドローン撮影の技術や知見がなくても利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.