ニュース
» 2018年07月30日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:国内3Dプリンティング市場の実績と予測を発表

IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の実績と予測を発表した。2017年の総売上額は前年比8.9%増の308億円。今後はプロフェッショナル向けが伸びると見込まれ、2022年の市場規模を476億円と予測する。

[MONOist]

 IDC Japanは2018年7月11日、国内3Dプリンティング市場の2017年実績と2018〜2022年の予測を発表した。2017年の総売上額は前年比8.9%増の308億円で、2017〜2022年の年間平均成長率を+9.1%、2022年の市場規模を476億円と予測する。

 3Dプリンタ本体市場、3Dプリンティング関連サービス市場、造形材料市場で構成される国内3Dプリンティング市場の2017年実績を見ると、3Dプリンタ本体の売上額は前年比成長率+3.9%の121億円、3Dプリンティング関連サービス売上額が同8.2%の107億円、造形材料売上額は同19.0%の79億円だった。

 セグメント別では、本体価格50万円未満のデスクトップ3Dプリンタは、本体の出荷台数が前年比成長率−22.5%の4700台、売上額は−22.2%の6億7000万円だった。50万円以上のプロフェッショナル向けはプリンタ本体の出荷台数が、前年比成長率+27.1%の1900台、売上額は+5.9%の114億3000万円となっている。

 2016年の3Dプリンタ本体の売上はマイナス成長だったが、2017年はプラス成長に転じた。IDCでは、これをプロフェッショナル3Dプリンタの出荷台数が堅調に伸びた結果と考えている。デスクトップ3Dプリンタについては、何でも作れるわけではないとユーザーが認識し始めており、個人の購入意欲は低調に推移すると見られる。一方、プロフェッショナル3Dプリンタ市場は、目的や用途が明確化し、新規購入の増加が期待できる。使用範囲の拡大から既存ユーザーの追加購入も増えそうだ。

 こうした理由から、2022年の国内3Dプリンタ本体市場は、出荷台数が5700台(年間平均成長率−2.8%)、売上額は189億8000万円(同+9.4%)と予測している。

 3Dプリンティング関連サービス市場と造形材料市場については、成長が続くと見込む。IDCでは2017〜2022年の予測として、3Dプリンティング関連サービス市場は年間平均成長率6.1%、2022年の売上額144億5000万円、造形材料市場は年間平均成長率12.3%、2022年の売上額を141億7000万円と予測している。

photo 国内3Dプリンタ本体市場セグメント別出荷台数 2016年〜2022年実績、予測(クリックで拡大) 出典:IDC Japan
photo 国内3Dプリンティング市場売上額 2016年〜2022年実績、予測(クリックで拡大) 出典:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.