ニュース
» 2018年08月02日 09時00分 公開

製造ITニュース:プラント向け統合生産制御システム最新版、停止せずにプログラム更新

横河電機は、同社のプラント向け統合生産制御システムの最新版「CENTUM VP R6.06」を発売した。プラントを停止せずに、フィールド・コントロール・ステーションのプログラム更新ができる。

[MONOist]

 横河電機は2018年7月17日、同社のプラント向け統合生産制御システムの最新版「CENTUM VP(センタム・ブイピー) R6.06」を発売した。

 「CENTUM VP」は、プラント設計からエンジニアリング、機器などの据え付け、生産の立ち上げ、稼働後のメンテナンスや変更を経て運転を終了するまでのプラントの一連のライフサイクルに対して、一貫して最適な操作監視およびエンジニアリング環境を提供する統合生産制御システムだ。

 最新版のCENTUM VP R6.06では、プラントを停止せずにフィールド・コントロール・ステーションのプログラム更新が可能になり、シャットダウンメンテナンスのタイミングを待つことなく、いつでも制御システムに最新技術を取り入れられるようになった。

 また、統合エンジニアリング環境「オートメーション・デザイン・スイート(ADスイート)」の機能を強化。大量の制御ロジックやアラーム属性の変更があってもプログラムで一括変更を可能にするこのADスイートに、1つの修正ならワンアクションで対応できる機能を追加した。画面上のアイコンをクリックするだけで即座に修正をシステムに反映できるために作業時間が短縮する。

 その他、今回の最新版でWindows Server 2016に対応した。

photo 統合生産制御システム「CENTUM VP R6.06」 出典:横河電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.