ニュース
» 2018年08月06日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:3Dプリント義足の製品化に向けた実証実験をフィリピンで開始

インスタリムは、3Dプリント義足の製品化に向けた実証実験をフィリピンにて開始した。実生活における義足の試用テスト、各ソリューションの検証などを実施する。

[MONOist]

 インスタリムは2018年7月25日、3Dプリント義足の製品化に向けた実証実験をフィリピンにて開始したと発表した。安全面などを最終検証した上でプロダクトを完成させ、2019年春ごろをめどに同国にて事業を開始する予定だ。

 実証期間は、2018年7月〜2019年2月の予定。同社の3Dプリント義足事業が日本貿易振興機構の「日ASEAN新産業創出実証事業」に採択され、約2200万円の支援を受け、3Dプリント膝下義足の製品化に向けた実証実験を開始した。

 実証実験は、日本国際協力システム、およびフィリピン大学総合病院と共同でフィリピンのマニラ首都圏地域にて実施。被験者50人に対して義足を製作、提供して実生活で6カ月間試用するテストや、同社が開発した各ソリューションの検証、および医師や義肢装具士に対するユーザビリティのテストを実施する。

 従来の義足は1本あたり30〜100万円と高価であり、その製作には2〜3週間程度の期間が必要となる。このため、義足の購入が難しく、社会参加が困難になっている人も多く、その数はフィリピンだけでも100万人以上に及ぶ。

 同社はこのような課題を解決するために、義肢装具製作専用の3Dモデリングソフト、3Dプリンタ、機械学習による形状レコメンド機能などを含む義肢装具のカスタム量産ソリューションを開発。これにより、従来の約10分の1のコストと納期で義足を生産できる見込みだ。

photo 3Dプリント義足(クリックで拡大) 出典:インスタリム
photo 現地実証実験の様子(クリックで拡大) 出典:インスタリム
photo フィリピン大学総合病院との合意覚書締結(クリックで拡大) 出典:インスタリム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.