ニュース
» 2018年08月06日 06時00分 公開

FAニュース:外観検査自動化を促進する画像処理システム、光の角度や色を調整する照明を採用

オムロンは、外観検査工程の自動化を促進する画像処理システム「FHシリーズ」の販売を2018年8月1日に開始した。

[MONOist]

 オムロンは、外観検査工程の自動化を促進する画像処理システム「FHシリーズ」の販売を2018年8月1日に開始した。

photo 画像処理システム「FHシリーズ」(クリックで拡大)出典:オムロン

 新製品の「FHシリーズ」は、業界で初めて検査対象物の特徴に応じて光の角度や色を調整できる「MDMC(Multi Direction Multi Color)照明」により、これまで人の目でしか捉えられなかった色差の低い欠陥の検出や、特徴の異なる欠陥の同時検出を実現する。

 「MDMC照明」は、異なる角度から照明を当てた500万画素以上の高解像度画像を合成することで、凹凸のある欠陥を浮かび上がらせ、混同しやすい検査対象物の模様からキズのみを抽出する「照度差ステレオ処理」を搭載した。さらに、コントラストの低い薄いシミや線キズなどをソフトウェア処理で強調して検出可能にする「前処理フィルター群」なども用意している。

 「FHシリーズ」では、「MDMC照明」の導入に合わせて、コントローラーとカメラを刷新し、人の目では判別がつかない検査対象の微小な差異を定量的に検出、判断し、検査結果の数値管理を可能にした。

 さらに、これらの検査に必要な高精度な位置決めをサポートする技術なども充実させた。オムロン センテックが有する産業用カメラの小型化技術とオムロンが培った高速画像処理技術により、8000万画素に及ぶ業界最高解像度画像を用いた広視野での位置決めを可能とする他、マシンオートメーションコントローラーやサーボモーターといった各種制御機器と組み合わせ、さらなる高速高精度な位置決めを実現する「ビジュアルフィードバック」機能なども搭載する。

 「FHシリーズ」が検出した位置データをモーターに高速フィードバックすることで、これまでステージの振動や搬送時の細かな位置決め誤差で生じていたリトライの発生を防止し、1μm単位の位置決めを従来比3倍の速度で実行できるという。さらに産業用ロボットと画像処理システムを接続して使用する「ピックアンドプレース」などのアプリケーションの立ち上げ時に必要な、ロボットとの通信設定やフローメニューの作成が不要になる「ロボットビジョン設定ツール」なども搭載しており、導入を容易にしている。

 コントローラー性能の強化により、医薬品業界などで法規制化が進む「検査結果の全数保存」にも、生産性を落とすことなく対応。さらに「EtherCAT」通信により、マシンオートメーションコントローラーのデータベースに直接、検査結果を保存でき、検査時の画像データと検査日時やロットといった検査情報と検査結果を、簡単にひも付けて保存することもできるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.