特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年08月09日 10時00分 公開

人工知能ニュース:国内AIベンチャーに有望株、パスタ盛り付けや再生医療細胞の品質管理などを支援 (1/2)

NEDOは2018年8月8日、政府の「人工知能技術戦略」に基づくAIベンチャー支援事業の一環として、全国30件の応募からコンテスト形式で選定した6件の研究テーマを採択したと発表した。採択が決定した各委託予定先のベンチャー企業は、2018〜2019年度まで最大2年間の研究開発を実施する。

[朴尚洙,MONOist]

 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は2018年8月8日、東京都内で会見を開き、政府の「人工知能技術戦略」に基づくAI(人工知能)ベンチャー支援事業の一環として、全国30件の応募からコンテスト形式で選定した6件の研究テーマを採択したと発表した。採択が決定した各委託予定先のベンチャー企業は、2018〜2019年度まで最大2年間の研究開発を実施する。

ベンチャー支援事業に採択された6件(8者)の研究テーマの代表者 ベンチャー支援事業に採択された6件(8者)の研究テーマの代表者。左から、Rapyuta Robotics 代表取締役のモーハナラージャー・ガジャン氏、IDECファクトリーソリューションズ 取締役の鈴木正敏氏、MICIN 執行役員の徐マリア氏、DeepX 代表取締役の那須野薫氏、NEDOの渡邊恒文氏、PuREC 取締役の松崎有未氏、名古屋大学 准教授の加藤竜司氏、MI-6 代表取締役の木嵜基博氏、ロックガレッジ 代表取締役の岩倉大輔氏(クリックで拡大)

 NEDOでは2017年度から、人工知能技術戦略の重点3分野である「生産性」「健康・医療・介護」「空間の移動」におけるAI社会実装を加速し、AIベンチャーの市場参入を促進することを目的に、ベンチャー企業が参入しやすい公募事業を実施している。NEDO ロボット・AI部 「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」プロジェクトマネージャーの渡邊恒文氏は「2017年度も6件を選定したが全て東京の企業だった。そこで2018年度は、この公募事業を地方でも広く知ってもらうために大阪、仙台、福岡、名古屋などでオリエンテーションを実施した。その結果、今回の6件の受賞企業に、島根、愛知、茨城という地方が入った」と語る。

 今回の審査では、応募30件(42者)の中から、1次審査(書面)で上位12件を選定。その後2次審査として、プレゼンとデモンストレーションを行い、今回の6件(8者)が選ばれた。なお、重点3分野はそれぞれ1件ずつ最優秀賞を選ぶ規定だが、上位12件に「空間の移動」が入らなかったため、該当なしとなっている。

応募30件から1次と2次の審査を経て6件の研究テーマを選定 応募30件から1次と2次の審査を経て6件の研究テーマを選定(クリックで拡大)
結果 採択テーマ名 委託先 委託費上限
最優秀賞(生産性) 食品(非定形・軟体物)を定量でピックアップするAIアルゴリズムの研究開発 株式会社DeepX 4500万円
最優秀賞(健康・医療・介護) AIによる高純度間葉系幹細胞の品質検査高度化の調査研究 PuREC株式会社、名古屋大学 4500万円
審査員特別賞(健康・医療・介護) 機械学習を用いた認知機能リスク因子の探索 株式会社MICIN 3000万円
審査員特別賞(生産性) AI、クラウド、センサ、画像処理を活用したミドルウェア汎用ロボットコントローラの調査研究 IDECファクトリーソリューションズ株式会社、Rapyuta Robotics株式会社 2000万円
審査員特別賞(生産性) MI(マテリアルズ・インフォマティクス)による材料探索に関する調査研究 MI-6株式会社 2000万円
審査員特別賞(生産性) AI/クラウドソーシング・ハイブリッド型広域人命捜索システム 株式会社ロックガレッジ 2000万円
表 2018年度に採択された6件のテーマと委託先、委託費上限
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.