ニュース
» 2018年08月10日 07時00分 公開

製造マネジメントニュース:横浜ゴムが中国の青島双星傘下になったクムホタイヤとの提携を解消

横浜ゴムは2018年8月9日、韓国のクムホタイヤとの間で締結していた技術提携を同年7月6日に解消したと発表した。

[朴尚洙,MONOist]

 横浜ゴムは2018年8月9日、韓国のクムホタイヤ(Kumho Tire)との間で締結していた技術提携を同年7月6日に解消したと発表した。

 両社は2014年2月に提携の目的と枠組みを定めた「技術提携基本契約」、2014年5月に環境対応技術や新たなコンセプトのタイヤなど将来に向けたタイヤ関連技術の共同研究開発を目的として「共同研究開発契約」および「ライセンス及び技術交換契約」を締結していた。横浜ゴムは「クムホタイヤの支配株主の変更に伴い、契約条項に基づいて当該契約を解消した」としている。

 両社が2013年12月に発表した基本合意では、技術提携に加えて、株式の持ち合いを前提とした資本提携に向けて協議することになっていた。技術提携の発表時点でも資本提携を協議するとしていたが、その後の進展は発表されていなかった。

 クムホタイヤは世界シェアが1.6%の中堅タイヤメーカーだが、2017年に最終赤字を計上するなど近年は経営難に陥っていた。大株主の韓国産業銀行は、クムホタイヤの株式売却を目指しており、2018年3月に中国の青島双星(Doublestar Group)との間で、クムホタイヤの株式45%を譲渡する契約を締結した。譲渡金額は6463億ウォン(約640億円)。

 なお横浜ゴムは2016年3月にコンチネンタル(Continental)との14年間にわたる提携を解消している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.