ニュース
» 2018年08月20日 09時00分 公開

キャリアニュース:会社を辞めるベストタイミングは「業務に区切りがついた時」

refermeが、日韓それぞれの社会人300人を対象にした調査結果を発表。日本では、「現在の業務、プロジェクトに区切りがついた時」が転職のベストタイミングだと回答した人が最も多かった。

[MONOist]

 refermeは2018年7月18日、日韓の社会人を対象にした調査インフォグラフィック「転職を決めるベストタイミング」を発表した。日本では、転職を考えたきっかけは「給与、待遇への不満」が最も多く、転職のタイミングは「現在の業務、プロジェクトに区切りがついた時」だと考えていることが明らかになった。

 同調査は、日韓それぞれの社会人300人を対象とした。「現在、転職を考えているか」と尋ねたところ、日本は66.0%が「考えている」と回答。韓国でも62.0%が「考えている」と回答しており、両国ともに転職を考えている人が60%以上いることが分かった。日本では、そのうち20.5%が「海外への転職を考えたことがある」と回答している。

photo 転職検討率(クリックで拡大) 出典:referme

日本人は「金銭面」が転職を考えるきっかけに

 次に、「転職を考えたきっかけ」を尋ねた。その結果、日本は「給与、待遇への不満」が最も多く、韓国では「キャリアアップの為」がトップになった。2位は、日韓ともに「人間関係」だった。

photo 転職を考えたきっかけ 出典:referme

 会社を辞めるタイミングとしては、日本では「現在の業務、プロジェクトに区切りがついた時」がベストだと考える人が最も多かった。一方、韓国では「その他(時期は関係ない)」という意見が多かった。「その他」を選択した人のうち、女性に注目すると、両国ともに多くが結婚、出産を理由に挙げていた。

photo 会社を辞めるベストタイミング 出典:referme

 また、「転職を決めてから、今の勤務先に内定するまでの時間」は、日本では33.2%が「1〜3カ月未満」と回答。「1カ月未満」という回答も27.4%おり、3カ月以内に内定に至る人が全体の60.6%を占めていた。

photo 転職を決めてから今の勤務先に内定するまでの時間 出典:referme

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.