「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年09月06日 06時00分 公開

自動運転技術:アウディ新型「A8」はレベル2で日本導入、2019年には「AIアクティブサスペンション」も

アウディジャパンは2018年9月5日、東京都内で会見を開き、フルモデルチェンジした「A8」と「A7 Sportback」を日本で発売すると発表した。両モデルとも、電源電圧が48Vのマイルドハイブリッドシステムや、全面タッチパネルのインフォテインメントシステムなど新技術を採用した。A7 Sportbackは同年9月6日から、A8は同年10月15日から販売を開始する。

[齊藤由希,MONOist]
アウディジャパンの新社長であるフィリップ・ノアック氏。新型「A8」は2018年10月から日本でも発売する(クリックして拡大)

 アウディジャパンは2018年9月5日、東京都内で会見を開き、フルモデルチェンジした「A8」と「A7 Sportback」を日本で発売すると発表した。両モデルとも、電源電圧が48Vのマイルドハイブリッドシステムや、全面タッチパネルのインフォテインメントシステムなど新技術を採用した。A7 Sportbackは同年9月6日から、A8は同年10月15日から販売を開始する。

 アウディは2017年7月に、「レベル3の自動運転に対応した世界初の市販モデル」(同社)としてA8を発表したが、国際条約や各国の法規制との兼ね合いからいずれの市場向けでもレベル3の自動運転システムは搭載していない。そのため、A8は日本でも、レベル2の自動運転、つまり先進運転支援システム(ADAS)を使用可能なモデルとして投入する。

センサーが検知した路面情報に合わせてサスペンション制御

 新型A8にはLiDAR(Light Detection and Ranging、ライダー)やミリ波レーダー、カメラ、超音波センサーを23個搭載している。これらのセンサーで車両の周囲360度を監視する。23個のセンサーの情報は、統合制御ユニット「セントラルドライバーアシスタンスコントローラー(zFAS)」で処理する。zFASは、NVIDIAのプロセッサ「Tegra K1」、Infineon(インフィニオン)の車載マイコン「Aurix」、Intel(インテル)が買収したAltera(アルテラ)のFPGA「Cyclon V SoC」、Mobileye(モービルアイ)の画像処理プロセッサ「EyeQ3」で構成されている。

統合制御ユニット「zFAS」の基盤(左)と前方監視用に採用したLiDARのカットモデル(右)(クリックして拡大)

 多くのセンサーと、その情報を処理可能なzFASの組み合わせにより、高度なADASが実現したとしている。A8から新たに追加された機能としては、見通しの悪い交差点を横切る車両の存在を警告する「フロントクロストラフィックアシスト」や、車線維持のアシストと前方車両に追従した加減速を同時に行う「アダプティブドライブアシスト」などがある。アダプティブドライブアシストは、LiDARの採用によって急に割り込まれてもスムーズに減速できるようになった。

 2019年以降には、周辺監視用センサーの情報をサスペンションの制御に応用する「AIアクティブサスペンション」が新型A8に導入される予定だ。LiDARとカメラが検出した路面の凹凸に合わせてサスペンションのストロークを操作し、車両の姿勢をアクティブにコントロールするというものだ。サスペンションのストロークは、マイルドハイブリッドシステムの48V電源を使用して最大1100Nmを発生させる電動アクチュエーターが操作する。

 AIアクティブサスペンションは、側面衝突が起きた場合にも動作する。周辺監視用センサーが時速25km以上の速度で側面に衝突されると判断すると、衝突される側のボディーを最大で8cm持ち上げて、強度が高いサイドシルとフロア構造で衝突を受け止められるようにする。衝突時に乗員にかかる負荷は、ボディーを持ち上げない場合と比べて50%軽減できる。

前方監視用のカメラ(左)。LiDARはナンバープレートの下に配置されている(右)(クリックして拡大)

販売するのはレベル2まで対応の車両

 日本で2018年10月に発売されるA8は、LiDARや統合制御ユニットといったレベル3の自動運転でも使用する部品を搭載しているものの、実質的にはレベル2専用となる。現在のA8ではレベル3の自動運転車に不可欠なハードウェアを省略しているため、A8がレベル3の自動運転車として法的に認可を受けても、ソフトウェアの更新ではレベル3にアップグレードできないという。

 今回省略したハードウェアの1つがドライバーモニタリングシステムだ。アウディが2017年7月に発表したレベル3の自動運転「AIトラフィックジャムパイロット」は、前後の車両と接近したノロノロ運転となる渋滞時に運転操作を代行する機能で、中央分離帯がある道路を時速60km以下で走行している場合にセンターコンソールのスイッチを押すと有効になる。自動運転中は他のクルマの割り込みにも対応し、ドライバーがステアリングから手を離しても機能は継続する。渋滞が解消したり走行速度が時速60kmを超えたりすると、ドライバーは運転に復帰しなければならない。この時にドライバーが運転に復帰できるかどうかを車両側で判断するドライバーモニタリングシステムが必要になるが、現在のA8には搭載されていない。

 また、システム異常時に安全な場所に退避するまで運転を継続するには、ブレーキやステアリングにバックアップ回路を設ける冗長化が必要だが、現時点のレベル2専用のA8では対応していない。

 まだ量産されていないAIトラフィックジャムパイロットだが、発表したことが法規制の議論に対して刺激になっており、発表した意義があったとみている。現在、レベル3以上の自動運転に関して、国連欧州経済委員会では時速10km以上の速度域での自動操舵(そうだ)の扱いについて議論しているところだ。さらに、ジュネーブ条約やウィーン条約では、人間ではなくシステムが運転することについて議論している。

 アウディジャパン 代表取締役社長のフィリップ・ノアック氏は「アウディはレベル3の自動運転に必要な法整備が整うのを待っている段階だ。認可が下りればいつでも導入する準備はできている。(日本法人であるアウディジャパンとして)国土交通省にだけ働きかけるのではなく、グローバルで自動運転に対するコンセンサスが取れることが重要だと考えている。日本は重要なマーケットなので、レベル3の自動運転を導入できる法整備が進むよう、アウディ本社に働きかけていく」と説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.