ニュース
» 2018年09月11日 07時00分 公開

製造マネジメントニュース:トヨタグループの北海道内自動車関連工場が稼働再開、完成車生産も始まる

トヨタ自動車は2018年9月10日、同月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で稼働を停止していた工場の再稼働状況を発表した。デンソーとアイシン精機も、北海道に拠点を置く部品子会社の生産を再開している。

[朴尚洙,MONOist]

 トヨタ自動車は2018年9月10日、同月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で稼働を停止していた工場の再稼働状況を発表した。同社グループのデンソーとアイシン精機も、北海道に拠点を置く部品子会社の生産を再開している。

 トヨタ自動車では、トランスミッションなどの自動車部品を生産するトヨタ自動車北海道(苫小牧市)が地震の影響による電力供給不足により生産を停止していたが、9月10日から順次稼働を再開している。また、他の自動車部品工場も11日から全て生産を再開する計画だ。

 自動車部品の供給不足によって停止していた完成車両工場とグループ企業による自動車ボディーの製造も、9月11〜13日にかけて段階的に稼働を再開する。11日は元町工場、豊田自動織機、トヨタ車体、岐阜車体の全ライン、高岡工場、堤工場、田原工場、日野自動車、ダイハツ工業の一部ライン、13日は高岡工場、堤工場、田原工場、日野自動車、ダイハツ工業の残りの全ライン、トヨタ自動車九州、トヨタ自動車東日本の全ラインが再稼働することになる。

 アイシン精機の北海道内の生産拠点は、ペルチェモジュールを製造する同社 安城工場 登別事業所(登別市)、自動車用アルミ鋳造部品を手掛けるアイシン北海道(苫小牧市)、CVT(無段変速機)の金属ベルトを生産するシーヴイテック北海道(苫小牧市)がある。いずれも9月6日から生産を停止していたが、登別事業所は8日から、アイシン北海道とシーヴイテック北海道は10日から稼働を再開した。

 デンソーは、車載用半導体センサーを生産するデンソー北海道(千歳市)が9月6日から停止していたが、10日から一部の稼働を再開しており、今後順次稼働範囲を広げていく方針である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.