ニュース
» 2018年09月13日 10時00分 公開

組み込み採用事例:自動操縦アルゴリズムを搭載した自律走行式ローラを開発

JIG-SAWは、同社の自動制御技術をベースに開発した自動操縦アルゴリズムを搭載する「自律走行式ローラ」を発表した。

[MONOist]

 JIG-SAWは2018年8月28日、同社の自動制御技術をベースに開発した、建機分野向け自動操縦アルゴリズム(自律走行用システム)を搭載した「自律走行式ローラ」を発表した。

photo 自動操縦アルゴリズムを搭載の「自律走行式ローラ」(クリックで拡大) 出典:JIG-SAW

 自律走行式ローラは、ロードローラなどを製造する道路建設機器メーカーの酒井重工業と共同で開発。同年8月28日〜30日の間、千葉幕張メッセで開催された建設・測量生産性向上展「CSPI-EXPO」の酒井重工業ブースにおいて発表された。

 両社は、2015年からこの取り組みを開始しており、アルゴリズムをはじめ、必要な電子機器、センサー制御などすべて独自に研究・開発し、実証やテストを行ってきた。今後、国内外企業などと連携し、実用化および商品化に向けた具体的な取り組みを進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.