ニュース
» 2018年09月18日 07時00分 公開

FAニュース:マシンコントローラーから産業用ロボットを一括制御するロボットモジュール

安川電機は、マシンコントローラーから産業用ロボットを制御できるロボットモジュール「RM100」を発売した。マシンコントローラーを使用する産業機械の一部として、多関節の産業用ロボットを構成できる。

[MONOist]

 安川電機は2018年8月31日、マシンコントローラーから産業用ロボットを制御できるロボットモジュール「RM100」を発売した。価格はオープン。加工装置や包装機、その他の一般産業用機械などでの利用を見込む。

 RM100は、マシンコントローラー「MP3000」シリーズのMP3300本体に装着・統合することで、多関節の産業用ロボットを組み込んだ産業機械(装置)全体を一括で制御できる。これにより、マシンコントローラーで制御していた産業機械(装置)と、ロボットコントローラーで制御していたロボットの同期制御が行える。I/Oレベルで実施していた相互監視が不要になるため、生産工程の統合や生産速度の変更が容易となり、生産量の変動、多品種に対応するフレキシブルな装置を構築できる。

 高速なシステムバスでMP3300とRM100間を接続するため、MP3300の制御周期で同期できる。産業機械(装置)とロボットが高精度に連携した動作となり、タクトタイムの短縮につながる。また、産業機械(装置)とロボットの一括制御が可能で、各種機器のデータを一元管理できる。

 他に、機構パラメータの設定やチューニングを実施するコンフィギュレーションツール「RM-Config」を新たに開発。現時点では6軸垂直多関節ロボットのみがサポート対象となるが、今後は同社製ロボットに加え、ユーザー開発のロボット制御にも対応する予定だ。

photo ロボットモジュール「RM100」 出典:安川電機
photo システム構成例(クリックで拡大) 出典:安川電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.