ニュース
» 2018年09月18日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:革ジャンおじさんいわく「NVIDIAはソフトウェア企業です」

謎のAI半導体メーカーではないようです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2018年9月18日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


革ジャンおじさんいわく「NVIDIAはソフトウェア企業です」

報道陣向けにQ&Aセッションで回答するNVIDIAのジェンスン・フアン氏 報道陣向けにQ&Aセッションで回答するNVIDIAのジェンスン・フアン氏

 昨今のAI技術の進化をけん引しているNVIDIAが2018年9月13〜14日、国内向けのユーザーイベント「GTC Japan 2018」を開催しました。2017年12月の「GTC Japan 2017」から約9カ月と短いスパンでの開催になりましたが、同社CEOのジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏が登壇する基調講演は、前回とは異なり新規の発表がめじろ押しの内容となりました。

 HPC向けGPUボード「Tesla T4」と、組み込みAI製品をまとめた新たなラインアップ「NVIDIA AGX」、NVIDIA AGXの1つで医用画像機器向けとなる「Clara AGX」などです。また、ヤマハ発動機との協業も新たな取り組みの1つになります。

 もちろん、2018年8月に発表したばかりの第8世代アーキテクチャ「Turing」を採用するグラフィックスボード「Quadro RTX」や「GeForce RTX」などの紹介もありました。

 さて、フアン氏のトレードマーク言えば革ジャン。MONOist編集部内では、親しみを込めてフアン氏のことを“革ジャンおじさん”と呼んでいたりします。GTC Japan 2018の基調講演後に、フアン氏が報道陣向けにQ&Aセッションを行ったのですが、革ジャンおじさんの熱に触れる話があったので紹介しましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.