ニュース
» 2018年09月25日 13時00分 公開

CAEニュース:CAEのクラウド利用を容易にする「サイバネットCAEクラウド」、CAE「ANSYS」も利用可能

サイバネットシステムは、クラウド上で、CAEソフトウェアによるシミュレーションを高速に実行するためのクラウドコンピューティング環境「サイバネットCAEクラウド」を発表した。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2018年9月12日、クラウドコンピューティング環境「サイバネットCAEクラウド」を同月下旬に発売すると発表した。高速リモートデスクトップと専用ポータルCAEソフトウェアを備え、CAEソフトウェアによるシミュレーションをクラウド上で高速に実行できる。

 

 サイバネットCAEクラウドは、クラウド上で動作するCAEソフトウェア画面を従来の10分の1の帯域高圧縮でクライアントへ送信する。また、CPU特化型やメモリ特化型、グラフィック強化型などの計算リソースをそろえ、解析内容によってスペック変更ができる。

 セキュリティ対策として、専用区画のプライベートクラウド環境を提供。これにより、情報漏えいを抑止する。このクラウド上では、WindowsやLinux環境で動作する全てのソフトが動作する。複雑な設定は不要で、既存のCAEソフトウェアライセンスを利用できる。

 他に、高速リモートデスクトップの画面共有機能により、遠隔地の設計パートナーと同一の操作画面を閲覧・相互操作できる。同年12月にリリース予定の次期バージョンでは、チャット機能や音声会議、ビデオ会議などのコミュニケーション機能も実装する予定だ。

 基本料金は月額5万円で、計算リソースの利用料金が従量制で加算される。同社は「ANSYSクラウドホスティングパートナー」に認定されており、マルチフィジックス解析ソフトウェア「ANSYS」をクラウド上で利用することもできる。

photo クラウドコンピューティング環境「サイバネットCAEクラウド」のイメージ 出典:サイバネットシステム
photo コラボレーション機能により、拠点間のコミュニケーションをサポート 出典:サイバネットシステム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.