ニュース
» 2018年09月26日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:ソニーのマイコンボード「SPRESENSE」向けのセンサーボードとBLE拡張ボード

ロームは、ソニー製スマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」向けのセンサー拡張ボード「SPRESENSE-SENSOR-EVK-701」とBLE拡張ボード「SPRESENSE-BLE-EVK-701」を発表した。

[MONOist]

 ロームは2018年9月5日、ソニー製スマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」向けのセンサー拡張ボード「SPRESENSE-SENSOR-EVK-701」とBluetooth LE(BLE)拡張ボード「SPRESENSE-BLE-EVK-701」を発表した。既にインターネット販売を開始している。

 SPRESENSEは、GPS受信機能とハイレゾリューション・オーディオコーデック機能を組み込んだIoT(モノのインターネット)向けボードコンピュータだ。高機能プロセッサ内蔵ドローンやフルデジタルアンプ内蔵スマートスピーカーなど、IoT機器の性能向上を目的としている。

 SPRESENSE-SENSOR-EVK-701には、加速度、地磁気、気圧センサーを搭載。さらに、拡張コネクターを利用して、脈波、カラー、温度、ホールなどのセンサー機能を追加できる。

 SPRESENSE-BLE-EVK-701には、BLE通信機能を搭載した。パターンアンテナを内蔵しており、日本(TELEC)、アメリカ(FCC)、欧州地域(CE)の無線法令規制の認証及びBluetooth SIG認証を取得済み。SPRESENSEと組み合わせた無線機器として使用できる。スマートフォンアプリを使った通信テストも可能だ。

 また、SPRESENSEが標準サポートする各プラットフォーム向けのソフトウェアをオープンソースで提供し、より高度なIoT機器の評価/開発を支援する。

photo 「SPRESENSE-SENSOR-EVK-701」「SPRESENSE-BLE-EVK-701」搭載イメージ(クリックで拡大) 出典:ローム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.