ニュース
» 2018年09月26日 14時00分 公開

ウェアラブルニュース:健康管理アプリの検証効率化へ、心電図など測れる開発用ウェアラブル端末

Maxim Integrated Products(マキシム)は2018年9月26日、ヘルスケア向け腕時計型ウェアラブル端末の開発プラットフォーム「Health Sensor Platform 2.0(HSP2.0)」を発表した。心電図や心拍数、体温を計測するマキシムのセンサーを、ウェアラブル端末の腕時計部分に収めた。

[齊藤由希,MONOist]
ヘルスケア向け腕時計型ウェアラブル端末の開発プラットフォーム「Health Sensor Platform 2.0(HSP2.0)」(クリックして拡大)

 Maxim Integrated Products(マキシム)は2018年9月26日、ヘルスケア向け腕時計型ウェアラブル端末の開発プラットフォーム「Health Sensor Platform 2.0(HSP2.0)」を発表した。

 この開発プラットフォームによって、ウェアラブル端末や医療機器を手掛ける企業は、健康状態を管理するためのアプリやソリューションを迅速に開発、検証できるようになる。

 HSP2.0は、心電図や心拍数、体温を計測するマキシムのセンサーを、ウェアラブル端末の腕時計部分に収めた。心電図も手首から測定可能だ。開発プラットフォームに搭載したセンサーはいずれも臨床規格に対応している。また、Armが提供するIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「mbed」にも対応する。

 HSP2.0はハードウェアとファームウェアファイルで構成されており、価格は399ドル(約4万5000円)となる。

マキシム製品をモジュール化

マキシムのアンドリュー・ベイカー氏(クリックして拡大)

 ヘルスケア向けのウェアラブル端末は、2021年に1億台まで市場成長が見込まれる。増大が続く医療費の抑制を背景に、日常的に身に着けられるウェアラブル端末によって病気の予防や早期発見、慢性疾患の監視といった用途で需要が拡大する見通しだ。

 HSP2.0には、光パルスオキシメーターと心拍センサー(製品名MAX86141)、シングルチャネル集積型生体電位・生体インピーダンスアナログフロントエンドデバイス(製品名MAX30001)、ウェアラブルやIoT向けのMCU(製品名MAX32630)、パワーマネジメントソリューション(製品名MAX20303)、体温センサー(製品名MAX30205)、心拍数アルゴリズム内蔵のセンサーハブ(製品名MAX32664)を搭載している。測定値を表示するディスプレイも含めてモジュール化した。プラットフォームに拡張性を持たせたことにより、今後発表する新しいセンサーにも迅速に対応できるようにした。

 開発プラットフォーム自体は医療機器としての認可は受けていないが、医療機器での要求を理解した上で開発されている。医療機器だけでなく、コンシューマー向けの健康管理ソリューションの開発に用いることができるという。ソリューションの開発に要する期間を最大で6カ月短縮するとともに、開発コストも大幅に削減する。

心電図などを計測するためのセンサー(左)。皮膚表面の温度を測定している様子(右)(クリックして拡大)
測定内容はタブレット端末などでリアルタイムに確認することができる(クリックして拡大)

 これまで腕時計型ウェアラブル端末で心電図を測定するのは難しかったが、HSP2.0では、「アナログ半導体のフロントエンドのイノベーションによって、手首でインピーダンスを高く得られるようにした。胸にウェット電極を貼り付ける場合と同じ精度を確保している」(マキシム インダストリアル&ヘルスケア製品事業部 マネージングディレクターのアンドリュー・ベイカー氏)という。HSP2.0は肌に接触する面に2つの電極と、心拍数を測定するためのLEDを配置している。

 HSP2.0で取得した生体情報はマキシムで所有しない。プラットフォームの購入者が、ユースケースやクラウド活用の検証、独自に開発したアルゴリズムの評価を自由に行えるようにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.