ニュース
» 2018年10月02日 08時00分 公開

ロボット開発ニュース:ROSロボットをコンテナベースで開発、開発管理環境ユーティリティーを無償提供

インテックは、ロボット開発者向け開発管理環境ユーティリティー「RDBOX」について、評価版アカウントによる無償提供を開始した。コンテナ型仮想化技術とネットワーク技術により、開発環境を簡単かつ迅速に構築できる。

[MONOist]

 インテックは2018年9月14日、ロボット開発者向け開発管理環境ユーティリティー「RDBOX(A Robotics Developers BOX)」について、評価版アカウントによる無償提供を開始した。コンテナ型仮想化技術とネットワーク技術により、開発環境を簡単かつ迅速に構築できる。

 RDBOXは、ロボット側のエッジ機能とクラウド側の管理運用機能で構成される。Kubernetesを用いることにより、ローリングアップデートやロールバックなどの自動配信や自動運用が可能だ。コンテナベース開発スタイルの導入により、GitHub、 Jenkins、Docker HubなどのCIツールを簡単に適用できる。

photo CIツールを使った開発、運用 出典:インテック

 また、RDBOXをROSロボットとインターネット間に設置し、ROSロボットとクラウド管理機能をつなぐロボット専用のプライベートネットワークを構築できる。ROSロボットとRDBOX間は、Wi-Fiで接続する。複数あるRDBOXはメッシュWi-Fiのネットワークを自動構築するため、容易にWi-Fiの提供エリアを拡大できる。

photo ロボット開発でのコンテナ活用イメージ 出典:インテック

 ロボットアプリケーションだけではなく、OSやミドルウェアを含んだコンテナで配信と管理をする。OSやミドルウェアの交換作業は、コンテナイメージの実装と配備という手順に効率化している。

 各ロボットの全対象物は、Kubernetesクラスタのクラウド管理画面から一元管理する。クラスタ内で管理されるものは、CPUアーキテクチャ(Arm、x86など)が混在する環境に対応。Kubernetesノード数は、必要な処理能力に合わせて増やせる。

 ロボットの実行環境とクラウドの連携はVPNで構築するため、安全なネットワーク環境でアプリケーションを稼働できる。また、ロボットの制御ネットワークは外部から隔離。VPNによる接続とクラウド管理画面に限定し、ネットワーク攻撃から保護し、既存のネットワークとは分離したROSロボット専用のネットワークを構築する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.