ニュース
» 2018年10月03日 09時00分 公開

製造ITニュース:「組み合わせ最適化」が高速に、計算サービスを無償提供

日立製作所は、「組み合わせ最適化問題」に特化したアニーリングマシンを活用し、クラウド型計算サービス「Annealing Cloud Web」の無償提供を開始した。サービスの利用者は、組み合わせ最適化問題の計算処理を効率的に実行可能になる。

[MONOist]

 日立製作所(日立)は2018年9月19日、「組み合わせ最適化問題」に特化したアニーリングマシンを活用し、クラウド型計算サービス「Annealing Cloud Web」の無償提供を開始した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が同社らに委託して開発した「CMOSアニーリングマシン」を利用している。

photo クラウド型計算サービス「Annealing Cloud Web」のWebサイト画像(クリックで拡大) 出典:日立製作所

 CMOSアニーリングマシンは、イジングモデルの動作をCMOS回路で疑似的に再現する。同サービスには、NEDOの委託を受けて新たに開発したCMOSアニーリングマシンを活用している。これにより、複雑な計算処理を高速に実行可能になる。

 同サービスでは、CMOSアニーリングマシンが無償で利用できる他、初心者向けのチュートリアルやデモプログラムなども用意する。サービスの利用者は、組み合わせ最適化問題の計算処理を効率的に実行できる他、アニーリングマシンを用いた最適化計算プログラムを開発可能になるという。

 同社は今後、ソフトウェア技術者育成のため、さまざまなプログラム開発に利用できるWeb APIも提供する予定だ。さらに、利用者からのフィードバックを受けることで課題を抽出し、今後の開発に生かすとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.