「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年10月04日 08時00分 公開

自動運転技術:ホンダとGMが無人ライドシェアで協業、ソフトバンク出資のクルーズが核に

GMクルーズホールディングス(クルーズ)とGM、ホンダの3社が自動運転技術を活用したモビリティの変革に向けて協業すると発表。ホンダはクルーズに、合計で約27億5000万米ドル(約3130億円)の投資を行う。

[朴尚洙,MONOist]

 GMクルーズホールディングス(GM Cruise Holdings、以下クルーズ)とGM(General Motors)、ホンダの3社は2018年10月3日(現地時間)、自動運転技術を活用したモビリティの変革に向けて協業すると発表した。さまざまな使用形態に対応するクルーズ向けの無人ライドシェアサービス専用車を共同開発するとともに、無人ライドシェアサービス事業のグローバル展開の可能性も視野に入れる。ホンダは協業のために、クルーズに7.5億米ドル(約853億円)を出資し、同社の今後12年間の事業資金となる約20億米ドル(約2276億円)も提供。合計で約27億5000万米ドル(約3130億円)の投資を行う。

 クルーズは、GMが買収したCruise Automationを母体とする、自動運転技術の研究開発や実証を行う子会社だ。2018年5月には、ソフトバンクビジョンファンド(SVF)がクルーズに約2450億円を出資すると発表している。今回のホンダの出資と協業により、当事者間における取引実行後のクルーズの企業価値評価額は146億米ドル(約1兆6600億円)になると算定されているという。

クルーズが開発中の無人ライドシェアサービス専用車のイメージ画像 クルーズが開発中の無人ライドシェアサービス専用車のイメージ画像(クリックで拡大) 出典:クルーズ

 GM 会長兼CEOのメアリー・バーラ氏は今回の提携について「GMとホンダとのこれまでの電動車領域の協業、またわれわれとクルーズとの関係を考慮すれば極めて合理的な展開だった。ホンダとの協業で、世界トップレベルの車両デザイン、開発、生産技術をクルーズに供給することができ、無人ライドシェア事業のリーダーとしてグローバルな事業展開を実現する」と語る。

 ホンダ 副社長の倉石誠司氏は「ホンダが、クルーズおよびGMとの協業を決めた理由は、彼らが無人ライドシェアや電動化といった先進領域で業界をけん引していること、また『CO2ゼロ』『事故ゼロ』という共通のビジョンを持っていたからだ。われわれの得意とするお客さま中心のデザインパッケージおよび内外装の設計技術で、魅力的な無人ライドシェアサービス専用車両の開発を実現していく」と述べる。

 クルーズ CEOのカイル・ヴォグト氏は「GMとソフトバンクに加え、新たにホンダが加わることで、クルーズはグローバルで安全な自動運転技術を普及させるための十分な経営資源を獲得した。また、ホンダとの協業により、優れたデザイン、効率性の高い、無人ライドシェアサービス専用車両を得て、事業の拡大を図って行くことができる」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.