ニュース
» 2018年10月04日 10時00分 公開

人工知能ニュース:製造業向けAIの生成からエッジへのAI実装までの統合環境を構築、技術提携で

ディジタルメディアプロフェッショナルとマクニカ、クロスコンパスの3社は、製造業向けAIの生成からエッジAI実装までの統合環境を構築するため、技術提携する。提携により、学習からエッジ側での推論処理まで、短期間での実装が可能になる。

[MONOist]

 ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)は2018年9月19日、マクニカ、クロスコンパスと、製造業向けAI(人工知能)の生成からエッジAI実装までの統合環境を構築するため、技術提携をすることを発表した。

photo エッジAI FPGAモジュール「ZIA C2」 出典:ディジタルメディアプロフェッショナル

 今回の技術提携では、製造業向けAIを容易に生成できるクロスコンパスの「Manufacturing-IX(M-IX)」と、DMPのエッジAI FPGAモジュール「ZIA C2」「ZIA C3」をシームレスに連携させる環境を構築する。その第1弾として、M-IXとマクニカのディビジョンカンパニーであるアルティマ カンパニーが提供するSoC FPGAが迅速に連携できる環境を構築した。

 M-IXは、人工知能の開発工程を幅広くカバーし、ディープラーニング、ニューラルネットワークを用いた異常検知や予知保全を可能にする。ZIA C2、ZIA C3は、高性能なAI推論処理を提供する低消費電力なエッジAI FPGAモジュールで、FAや物流における自立ロボットなどのリアルタイムなデータ解析など、幅広い分野でエッジAIシステムを短期間で構築できる。

 技術提携により3社は、学習からエッジ側での推論処理まで、簡単かつ短期間での実装を可能にする。また、実運用後も、モデルの再学習や管理、データ量/アイテム数の変化に応じて運用設定を変更できる環境を用意するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.