ニュース
» 2018年10月05日 10時00分 公開

組み込み開発ニュース:CAN FDに対応するシステムベースチップ、5Mbpsの高速通信が可能

インフィニオン テクノロジーズは、自動車向けに最大5Mbpsの高速通信が可能な、システムベースチップ「Mid−Range+SBC」ファミリーと「Lite SBC」ファミリーを発表した。

[MONOist]

 インフィニオン テクノロジーズ(Infineon Technologies)は2018年9月3日(現地時間)、次世代CANであるCAN FD(Flexible Data Rate)プロトコルをサポートし、最大5Mbpsの通信速度を持つ車載向けSBC(システムベースチップ)「Mid-Range+SBCファミリー」と「Lite SBCファミリー」を発表した。Mid-Range+SBCは販売中で、Lite SBCは同年10月から販売する。

 SBCは電圧供給源、通信バスインタフェース(CAN、LIN)、監視機能をワンチップにしたICで、車載ECU(電子制御ユニット)の1つ。車内外との通信データ長の増加に伴い、通信機能の高速化が求められている。両ファミリーは、CAN FDに対応することで5Mbps高速通信が可能になった。

 Mid-Range+SBCファミリーは、CANトランシーバー1個とLINトランシーバーを最大2個搭載。4つのハイサイドスイッチで外部負荷を駆動でき、ボディーコントロールモジュールやゲートウェイモジュールなどに対応する。

photo 「Mid-Range+SBC」ファミリー(クリックで拡大) 出典:インフィニオンテクノロジーズ

 Lite SBCファミリーは、システムコスト低減を重視したSBCで、CANトランシーバー1個を搭載する。チャージポンプでハイサイドNチャネルパワーMOSFETを駆動し、車載ワイヤレス充電器や窒素酸化物センサー、ギアシフター、照明制御装置などに広く利用できる。

photo 「Lite SBC」ファミリー(クリックで拡大) 出典:インフィニオンテクノロジーズ

 両ファミリーともに、スリープあるいはストップモードで消費電流の低減が可能だ。さらに、電圧低下の監視、リセット機能付きウィンドウウォッチドッグ、動作モードや出力がフェイルセーフ設計になっているなど、ECUを安全に動かす診断、監視機能も備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.