連載
» 2018年10月11日 10時00分 公開

World Robot Summit徹底解剖(2):ロボット活用で未来の家庭やコンビニはどうなる〜WRS2018サービス/ジュニア部門 (3/3)

[大塚実,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

ジュニア部門には「Pepper」が登場

 ジュニア部門は、19歳以下の学生や生徒などを対象とした競技である。社会実装の加速を目指している他の3部門とはちょっと違い、この部門だけは若い世代の人材育成が主目的となる。ジュニア部門については、競技副委員長を兼任する岡田氏に聞いた。

 ジュニア部門には、学校をテーマにした「スクールロボットチャレンジ」と、家庭をテーマにした「ホームロボットチャレンジ」がある。教育目的のジュニア部門らしいといえるのは、どちらの競技でも最後にテクニカルインタビューが行われるということだ。

 「教育が目的なので、必ずしも競技の結果が良かったチームが一番になるとは限らない」と岡田氏は述べる。配点は、技術課題が30%、デモンストレーションが50%、インタビューが20%となっており、たとえ競技で失敗があったとしても、インタビューでプロセスが評価されれば、逆転することもあり得るわけだ。

ソフトバンクの「Pepper」 ソフトバンクの「Pepper」(クリックで拡大)

 スクールロボットチャレンジでは、プラットフォームとしてソフトバンクの「Pepper」を使用する。参加者には大会の1週間前から集まってもらい、まずはPepperのプログラミングを学習。技術課題は、大会の中で発表されるという。

 一方ホームロボットチャレンジは、ロボットを自作する必要がある。ロボットの大きさは一辺が30cmまでだが、開始後に変形することは許可されている。技術課題としては、モノを移動させる「Pick and Place Test」などが用意されている。

 なおプレ大会のホームロボットチャレンジはミニサイズリーグのみだが、2020年の本大会では、より大きなリアルサイズリーグも実施する予定だという。ただ、これはさすがに自作するわけではなく、標準プラットフォームを採用する予定とのこと。

 ジュニア部門については、アジアを中心に、海外からの参加チームの方が多いという。競技の勝敗だけが重要ではなく、ライバル達との交流も積極的に行い、今後につなげていって欲しいところだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.