ニュース
» 2018年10月09日 10時00分 公開

組み込み開発ニュース:ディープラーニング関連機能を大幅強化したモデルベース開発環境の最新版

MathWorksは、データ解析ソフトウェア「MATLAB」とシミュレーションシステム「Simulink」の最新版「Release 2018b」を発表した。ディープラーニング関連機能を大幅に強化し、生産性と使いやすさを改善した。

[MONOist]

 MathWorksは2018年9月18日(現地時間)、数値解析ソフトウェア「MATLAB」とシミュレーションシステム「Simulink」の最新版「Release 2018b(R2018b)」を発表した。既に提供を開始している。

 R2018bでは、新しい機能追加やバグ修正に加え、ディープラーニング関連機能を大幅に強化し、生産性と使いやすさを改善した。

 MathWorksは、ONNX(Open Neural Network Exchange)コミュニティーに参加することで、相互運用性を向上。MATLABと他のディープラーニングフレームワークの連携を可能にした。R2018bを利用するエンジニアは、ONNXコンバーターを介して、PyTorch、MxNet、TensorFlowなどのフレームワークからモデルをインポート、エクスポートできる。

 NVIDIAライブラリに対応する「GPU Coder」は、自動調整やレイヤーフュージョン、バッファーの最小化など最適化されており、推定パフォーマンスがより改善されている。また、IntelやArmプラットフォームの導入支援も追加した。

 動画のラベル付けを自動化するなど、手間がかかるディープラーニングでのラベル付けも改良した。Simulinkでは、スマート編集機能を追加したことで直感的にモデルを作成できるようになった。ブロックの外枠をドラッグすれば自動的にポイントを作成できる。ブロック名の変更も容易だ。

 R2018bには新しい2つのツールボックスが含まれる。「5G Toolbox」は5G通信システムの物理層シミュレーション、解析、テストが可能だ。標準ベースの規格に準拠し、エントリーエンジンのシームレスに必要なコンポーネントを全て用意。「Sensor Fusion and Tracking Toolbox」は、車載などのセンサーフュージョンや分析アルゴリズムを作成できる。

 さらにR2018bでは、複雑なネットワーク設計を支援する「Deep Network Designer」アプリケーションや、一行のコードでアクセス可能な参照モデルのセットも提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.