ニュース
» 2018年10月10日 07時00分 公開

FAニュース:熱感知に必要な機能を1ボックスに収めた線形熱感知器

横河電機は、設備の異常監視、火災検知に適した線形熱感知器「DTSX1」を発売した。表示器や接点出力などの機器を50×50×25cmの1ボックスに収め、アラーム設定など熱感知に必要な機能を装備した。

[MONOist]

 横河電機は2018年9月21日、設備の異常監視、火災検知に適した線形熱感知器「DTSX1」を発売した。火災検知規格に対応するため、設備の異常監視、火災検知のアプリケーションに特化し、熱感知に必要な機能を搭載した。

 DTSX1は、表示器や接点出力などの機器を50×50×25cmの1ボックスに収め、アラーム設定など熱感知に必要な機能を装備した。標準の光ファイバーケーブルと合わせて、火災検知用の熱感知システムとして容易に導入できる。

 汎用光ファイバー温度センサーに比べ、機器の準備から設定完了までの期間を約30%短縮した。最大4チャネルの入力が可能で、各16kmまでの光ファイバーケーブルで測定できる。測定チャネル数は1、2、4チャネルの3種類のモデルから、また、光ファイバーケーブルの測定距離レンジは、2、4、6、8、10、16kmから選択できる。

 また、同社のデータロギングソフトウェア「GA10」に、DTSX1専用の監視画面を用意。個々のアプリケーションに適した監視画面により異常を察知し、異常個所を特定できる。

 主な市場は、鉄鋼、電力、化学、非鉄、紙パルプ、石油ガスなどのプラント。用途として、石炭搬送ベルトコンベヤーの火災検知や、各種プラントにおける電力ケーブルラックの異常温度監視などを想定している。

photo 線形熱感知器「DTSX1」 出典:横河電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.