ニュース
» 2018年10月11日 09時00分 公開

製造ITニュース:制御システム向け脅威分析サービス提供へ、3社が業務提携

NTTデータは、プラント制御や製造ラインの制御系システム向け脅威分析サービスを共同で提供することを目的に、イエラエセキュリティおよび神戸デジタル・ラボとの業務提携に合意した。

[MONOist]

 NTTデータは2018年9月27日、セキュリティ分野で先進技術を持つイエラエセキュリティおよび神戸デジタル・ラボとの業務提携に合意したと発表した。提携により、プラント制御や製造ラインの制御系システム向け脅威分析サービスを共同で提供する。

photo 制御系システムへのサイバー攻撃について(クリックで拡大) 出典:NTTデータ

 同サービスでは、製造業やインフラ提供企業などの制御系システムに疑似攻撃を行い、その結果発見された脆弱性に対処するためのコンサルティングやシステム構築などを実施する。

 具体的には、イエラエセキュリティおよび神戸デジタル・ラボの技術者が攻撃者目線で対象システムへ攻撃を仕掛け、その過程で取得した情報を活用しながら侵入経路を探索。侵入経路や攻撃プロセス、想定被害状況などをレポートし、脆弱性に対処するためのコンサルティングやシステム構築までのサービスを一元的に提供する。

photo 脅威分析サービスの流れ(クリックで拡大) 出典:NTTデータ

 これにより、制御系システムにおける自社固有の弱点を補い、サイバー攻撃を抑制して安定的な業務継続が可能になるという。

 NTTデータが検証計画策定や攻撃シナリオの設計、レポート作成、対策コンサルティングおよびシステム構築を、イエラエセキュリティと神戸デジタル・ラボが顧客制御系システムへの疑似攻撃と結果検証を担当する。

 NTTデータでは2018年度中のサービス開始を予定し、2020年度末までに170億円の売上を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.