ニュース
» 2018年10月11日 13時00分 公開

CADニュース:部品受託生産のデジタルサービス事業に伊藤忠が出資

伊藤忠商事は、デジタル化によって部品加工事業の変革を進めるPlethoraへの出資を発表した。出資を通じて、デジタル技術を活用した試作品、少量部品の受託生産サービス事業へ参入する。

[MONOist]

 伊藤忠商事は2018年9月20日、デジタル化によって部品加工事業の変革を進めるPlethoraへ出資することを発表した。この出資を通じて、デジタル技術を活用した試作品・少量部品の受託生産サービス事業へ参入する。

 Plethoraは、インターネットや独自に開発したアルゴリズムを組み合わせて、部品の製造工程を自動化した。PlethoraのWebページに、顧客が部品のCADデータをアップロードすると、加工判定や見積もりを画面上で瞬時に提示し、Web上での受注から最短1日で納入するなど、受託品納期の大幅短縮に成功。試作リードタイム短縮への強いニーズに応えている。

 また、インターネットを経由して遠隔地の外部パートナー企業の工作機械を連携させ、それらが停止している時間を活用して部品加工するなど、生産能力の拡大や提携先工場の稼働率を向上するシェアリングモデルの展開も検討している。

 伊藤忠商事は、国内をはじめ、欧米やアジア各国で各種産業機械を販売してきた。Plethoraへの出資を通じて、これまでの機械販売で培った経験や取引先網を活用し、機械を保CADニュース:有・活用するシェアリング型ビジネスモデルを構築する。

 さらに、デジタル受託生産サービス事業で得たノウハウを、モノづくりの多様なニーズにワンストップで対応する「デジタル製造プラットフォームビジネス」へと拡張していく。

photo Plethoraのデジタル化技術概要 出典:伊藤忠商事
photo Plethoraでの部品加工イメージ 出典:伊藤忠商事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.