JIMTOF 2018 特集
ニュース
» 2018年10月12日 07時00分 公開

FAニュース:自動車用プレス金型加工の生産性を向上する5面加工門形マシニングセンタ

オークマは、5面加工門形マシニングセンタ「MCR-S(Super)」を開発した。ハイレベルな形状精度と加工面品位により、高精度で高効率な自動車用プレス金型加工を支援する。

[MONOist]

 オークマは2018年9月27日、5面加工門形マシニングセンタ「MCR-S(Super)」を開発したと発表した。MCR-Sは、高速、高精度、高面品位加工ができ、高い加工レベルが必要な自動車用プレス金型加工において、生産性の向上に貢献する。

 クラス最速の連続切削送りにより、加工時間を従来機より25%短縮した。NC制御技術「Hyper-Surface」の採用で可能になった高面品位加工により、高い加工レベルを維持しながら生産性を向上する。

 また、サーモフレンドリーコンセプトや旋回式撮像センサーにより、高精度かつ長時間連続加工が可能になった。プレス金型の熱処理や肉盛り補修を機上で行うことによる工程集約や、レーザー精密焼入れとLMD(Laser Metal Deposition)方式の金属積層造形の両方に対応することで、トータルリードタイムを大幅に短縮する。

photo 5面加工門形マシニングセンタ「MCR-S」(クリックで拡大) 出典:オークマ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.