ニュース
» 2018年10月12日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:OSSライセンスとセキュリティの管理ツールを販売開始

テクマトリックスは、OSSライセンスとセキュリティの管理ツール「FOSSID」の販売を開始した。最新のスキャニングエンジンと最大規模のOSS情報を格納したナレッジベースで構成され、コードスニペット検出にも対応する。

[MONOist]

 テクマトリックスは2018年9月27日、OSS(オープンソースソフトウェア)ライセンスとセキュリティを管理するツール「FOSSID」の販売を開始した。スウェーデンのFOSSIDが開発したもので、最新のスキャニングエンジンと最大規模のOSS情報を格納するナレッジベースで構成された、新しいOSSライセンス管理ツールだ。

 FOSSIDでは、さまざまなプログラミング言語のファイルを独自のコード検索アルゴリズムで高速スキャンし、コードの派生元であるオープンソースを特定する。アメリカ国立標準技術研究所が公開する、CVE(共通脆弱性識別子)情報に基づいたOSSの脆弱(ぜいじゃく)性情報も表示するため、早期のOSSセキュリティ対策が可能だ。さらに、コピーアンドペーストや改編がなされたOSSについて、それらの情報を確認できるコードスニペット検出にも対応している。

 FOSSIDナレッジベースへの照会は、ソースコードのデジタル署名のみを使用するため、コードやファイルをアップロードせずにスキャンを実行できる。また、オープンソースプロジェクトの再利用に伴い、スキャン結果にはノイズとなる2次的な一致が大量に検出されるが、同ツールはノイズを排除し、ユーザーがフォルダやライブラリなどの本当の起点を素早く識別できるスキャン結果を提示する。

 同ツールの提供形態は、クラウドによるSaaSサービスと、ユーザーのローカルネットワーク内にFOSSIDナレッジベースを設置するオンプレミスの2つを用意した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.