ニュース
» 2018年10月19日 18時00分 公開

TechFactory 特選ブックレットガイド:失敗が許されない現場……ならばバーチャルだ! 設計現場でCAEを活用せよ

“設計者が行うべき解析”をテーマに、「構造解析/固有値解析/流体解析」「公差解析」、そして「トポロジー最適化」の押さえるべきポイントと、CAEを取り巻く技術革新について解説する。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「TechFactory電子ブックレット」。今回は『設計者が実施すべき解析“3つ”のポイントと最新CAE技術動向』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

設計者が実施すべき解析とは何か?

 「解析」は、設計品質を追求する上で今や避けては通れない存在といえるだろう。CAE専任者による解析に加え、設計者が自ら解析を行う「設計者CAE」の重要性が叫ばれて久しいが、“設計者が行うべき解析”の対象は構造解析や固有値解析、流体解析だけとは限らない。

 本ブックレットでは、“設計者が行うべき解析”をテーマに、(1)構造解析/固有値解析/流体解析、(2)公差解析、(3)トポロジー最適化の実施において、押さえるべきポイントを解説する。また、設計者CAEの現場定着のカギとなる「解析スピード」の課題を克服する、解析の最新技術についても併せて紹介する。

トポロジー最適化のイメージ (画像提供:PTCジャパン) トポロジー最適化のイメージ (画像提供:PTCジャパン)

 かつての失敗から学べる時代とは異なり、効率化やコスト削減に迫られ、実世界の環境で失敗することが許容されなくなってきた現代の設計現場において、「CAEをうまく活用して、バーチャルで失敗を繰り返すこと」が、設計者のスキルアップや設計品質向上に役立つはずだ。本ブックレットをきっかけに、設計現場でのCAE活用を検討してみてはいかがだろうか。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された特集記事「“より良い設計”のために設計者自身が行うべき解析とCAE技術の最新トレンド」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.