ニュース
» 2018年10月19日 07時00分 公開

工場ニュース:中国遼寧省大連でメディカル事業の新工場が稼働

キヤノンメディカルシステムズは、中国遼寧省のキヤノン医用機器(大連)の開所式を開催した。大連工場はキヤノン大連事務機内に拠点を構え、2018年6月からCT、MRI、X線診断装置などを生産している。

[MONOist]

 キヤノンメディカルシステムズは2018年9月25日、中国遼寧省のキヤノン医用機器(大連)の開所式を同月14日に開催したと発表した。大連工場はキヤノン大連事務機内に拠点を構え、同年6月から生産を開始している。

 キヤノン医用機器(大連)の延べ床面積は、約1万8000m2。2018年8月現在の従業員数は約300人で、CT、MRI、X線診断装置、検体検査装置向けユニット、超音波診断装置のプローブを生産している。

 開所式には、大連市金普新区管理委員会副主任 呂東升氏、キヤノンメディカルシステムズ取締役専務 信太泰雄氏らが出席。信太氏は「同じ大連のR&Dの拠点であるキヤノンメディカルシステムズ研究開発(大連)、北京の販売会社であるキヤノンメディカルシステムズ(中国)と共に世界各国で人々の健康に貢献し続け、Made for Lifeの理念を追求していきます」とあいさつした。

 同社は今後、キヤノングループのメディカル事業の主軸として、事業拡大を進めていく。

photo キヤノン医用機器(大連)工場の開所式 出典:キヤノンメディカルシステムズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.