ニュース
» 2018年10月23日 13時00分 公開

CADニュース:加工品質と作業効率を向上したCAD/CAMシステムの最新版「Space-E Version 5.7」

NTTデータエンジニアリングシステムズは、金型業界向け3次元CAD/CAMシステム「Space-E」の最新バージョン「Space-E Version 5.7」を発表した。改修や機能強化により、加工品質や作業効率、安全性が向上している。

[MONOist]

 NTTデータエンジニアリングシステムズは2018年10月1日、金型業界向け3次元CAD/CAMシステムの最新バージョン「Space-E Version 5.7」を発表した。同年11月中旬に発売し、年間100モジュールの販売を計画している。

 Version 5.7では、5軸経路のストックを5軸機能全般に引き継ぐように改修し、5軸荒取り加工のアンダーカットに対応した。

 また、5軸仕上げ機能と5軸ガイドカーブ機能により、バレル工具やレンズ工具に対応。バレル、レンズ工具は大きなピッチでもボールエンドミルと同等のカスプハイト(削り残しの高さ)を保持できることから、仕上げ加工の時間を大幅に短縮する。

 オプションの切削シミュレーション機能では、5軸荒取り経路の干渉をチェックできる。無効刃での切削、工具の結合部やシャフト部分の干渉を加工前に確認できるため、作業の安全性が高まる。

photo 5軸荒取りによるアンダーカット加工(クリックで拡大) 出典:NTTデータエンジニアリングシステムズ
photo バレル工具(テーパバレル)と加工事例 出典:NTTデータエンジニアリングシステムズ
photo 工具別の加工時間比較表(クリックで拡大) 出典:NTTデータエンジニアリングシステムズ
photo 切削シミュレーション使用例 出典:NTTデータエンジニアリングシステムズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.