ニュース
» 2018年10月26日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:離れた位置からデータの更新が可能なバッテリーレス電子ペーパータグ

富士通セミコンダクターは、E Ink Holdingsと共同で、UHF帯RFIDを利用し、電子ペーパーディスプレイの表示をバッテリーレスで変更できる技術を開発した。高速書き込み、低消費電力の不揮発性メモリFRAMを組み込んでいる。

[MONOist]
photo UHF帯RFIDバッテリーレス電子ペーパータグ 出典:富士通セミコンダクター

 富士通セミコンダクターは2018年10月10日、E Ink Holdingsと共同で、UHF帯RFIDを利用し、電子ペーパーディスプレイの表示をバッテリーレスで変更できる技術を開発したと発表した。高速書き込み、低消費電力の不揮発性メモリFRAMを組み込んでいる。バッテリーレス電子ペーパータグの開発支援のため、レファレンスボードの提供も開始した。

 従来の電子ペーパータグは、保存したデータを表示するのみだった。今回開発した電子ペーパータグには、富士通セミコンダクターのUHF帯RFID LSI「MB97R8110」を搭載。MB97R8110のユーザーメモリ領域に、高速書き込み可能な不揮発性メモリFRAMを採用することで、画像データの任意な転送と、短時間の書き換えができるようになった。

 また、NFC方式では通信距離が短く、データの更新にはデバイスを近づける必要がある。UHF帯RFIDを使用することで、離れた位置からデータの更新や一括読み出しが可能なため、作業時間の短縮や利便性の向上につながる。

 FRAMは消費電力も少ないことから、バッテリーレス無線でのデータストレージが可能。ペーパーレスで環境にもやさしいことから、電子ペーパータグの他に、物流ラベル、IDカードなどの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.