VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2018年10月26日 13時00分 公開

VRニュース:MR空間でデザインやコンテンツ制作するシステムソリューションを開発

ワコムは、Magic Leapと協業し、空間コンピューティングを活用したMR環境でデザインや制作をするシステムソリューションを開発する。MR空間で、複数人数で連携して製品デザインやコンテンツ制作ができる。

[MONOist]

 ワコムは2018年10月10日、Magic Leapと協業し、空間コンピューティングを活用したMR(複合現実)環境でデザインや制作をするシステムソリューションを開発すると発表した。MR空間で、複数人数で連携して製品デザインやコンテンツ制作ができる。

 Magic Leapがロサンゼルスで公開したプロトタイプには、同社が開発した「Spacebridge」というアプリケーションを使用し、同社のMagic Leap OneとワコムのIntuos Proを連携。MR環境でデザインや制作、編集などが複数人数でできる。

 Magic Leap Oneのヘッドセットによって表示されるMR画像は、実際の空間(Space)に制作したオブジェクトが浮かび上がる。自在にアングルや縮尺を変えられ、立体の画像を見ながらデザインや編集ができる。プロトタイプは、従来のものに比べ、ダイナミックでリアリスティック、インタラクティブ(双方向)に使用できる。

 両社は今後、プロトタイプへの改善点の意見を受け、クリエイティブ用途向け3Dアプリケーションのエコシステムを開発していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.