ニュース
» 2018年10月29日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:5G関連の開発時間を短縮し、複雑な設計を管理するツールを発表

MathWorksは、3GPP 5G New Radio(NR)通信システムの物理層のモデリング、シミュレーションおよび検証のための波形とレファレンス例を提供する「5G Toolbox」を発表した。

[MONOist]

 MathWorksは2018年10月9日、3GPP 5G New Radio(NR)通信システムの物理層のモデリング、シミュレーションおよび検証のための波形とレファレンス例を提供する「5G Toolbox」を発表した。

 5G Toolboxを使用することで、重要なアルゴリズムを迅速に設計し、5Gの標準仕様であるRelease 15に準拠したシステムのエンドツーエンドリンクパフォーマンスを予測できる。

 LTEおよび無線LAN規格をサポートし、Massive MIMO アンテナアレイやRFフロントエンド技術のシミュレーション、実信号テスト、無線ハードウェアのラピッドプロトタイピングなどを含む、ワイヤレス通信製品ポートフォリオに加わる。

 開発時間を短縮し、複雑な設計が管理可能。また、5G Toolboxを使うことで、ツールをゼロから作成することなく、リンクレベル シミュレーション、ゴールデン レファレンスによる検証、コンフォーマンステスト、テスト波形生成が可能になる。さらに、迅速な設計開発、プロトタイプ作成、テスト実行に使用する設計ワークフローの基盤となる。

 RF、アンテナ、ベースバンド設計用にサイロ化されたツールを使用している企業や、MIMO技術の経験が浅い企業、シミュレーションからプロトタイピングまでの自動化が不完全な企業は、シミュレーション、実信号テスト、ラピッドプロトタイピングにおいて研究開発環境「MATLAB」を共通環境として活用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.