ニュース
» 2018年10月30日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:もはや“客寄せパンダ”じゃない、本格化する外食産業のロボット導入

外食産業でも、ロボット導入は目的ではなく手段のはずです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2018年10月16日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


もはや“客寄せパンダ”じゃない、本格化する外食産業のロボット導入

 MONOistは製造業の技術者向けWebメディアなのですが、私はここのところ連続して外食産業へのロボット導入に関する記事を執筆しています。

 1本目の記事に出てくるブロンコビリーは、東海地区を中心に129店舗(2018年9月時点)を展開するステーキレストランチェーンで、2本目の記事に出てくる海底撈(ハイディーラオ)は中国を中心に363店舗を展開する火鍋チェーンです。ステーキと火鍋、国内と海外、展開規模など全く異なる2つの外食チェーンですが、ロボットの活用に力を入れている点では製造業と変わりありません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.