ニュース
» 2018年11月02日 08時00分 公開

車載ソフトウェア:車載Linuxの最新版「UCB 6.0」を発表、テレマティクスなどのプロファイルを追加

The Linux Foundationがホストを務めるAutomotive Grade Linuxは、AGLプラットフォームの最新版「Unified Code Base(UCB) 6.0」を公開した。テレマティクス、インストゥルメントクラスター向けのデバイスプロファイルを追加している。

[朴尚洙,MONOist]

 The Linux Foundationは2018年10月15日、同団体がホストを務めるプロジェクト「Automotive Grade Linux(AGL)」が、AGLプラットフォームの最新版「Unified Code Base(UCB) 6.0」を公開したと発表した。新たに、テレマティクスとインストゥルメントクラスターを追加した。

 AGLは、コネクテッドカー向けのオープンプラットフォームを共同開発するプロジェクト。AGLメンバーの多くは生産計画にUCBを組み込んでおり、例えばトヨタ自動車では、AGLベースのインフォテインメントシステムを世界中の車両に搭載している。

 今回発表したUCB 6.0は、OS、ミドルウェア、アプリケーションフレームワークを含んでいる。また、テレマティクスとインストゥルメントクラスター向けのデバイスプロファイルを追加した。

 UCB 6.0では、メディアプレーヤーをはじめ、チューナー、ナビゲーション、Webブラウザ、Bluetooth、Wi-Fi、HVACコントロール、オーディオミキサー、車両制御などのレファレンスアプリケーションを搭載。スタンドアロンで、コアAGLサービスレイヤーも構築できる。

 IVI(車載インフォテインメント)システムとインストゥルメントクラスターディスプレイは、同時表示へ統合。後席ディスプレイを含むマルチディスプレイ機能も搭載した。SmartDeviceLinkに対応し、スマートフォンアプリの統合・アクセスが容易になった。

 他に、CAN通信向けのアプリケーションサービスAPIや近距離無線通信(NFC:Near Field Communication)、ID管理機能、OTA(Over The Air:無線通信利用)アップグレード機能などを有する。ルネサスやQualcomm Technologies、Intel、Texas Instrument、NXP、Raspberry Piなどの各種ハードウェアボードをサポートし、アプリケーションテンプレート付きのソフトウェア開発キット(SDK)を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.