ニュース
» 2018年11月05日 15時00分 公開

医療機器ニュース:3つの生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発

SOMPOホールディングス、SOMPOヘルスサポート、東芝、東芝デジタルソリューションズは、生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発した。ヘルスケアサービスに関するノウハウと、AI、ビッグデータ解析技術を融合している。

[MONOist]

 SOMPOホールディングス、SOMPOヘルスサポート、東芝、東芝デジタルソリューションズは2018年10月19日、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の3つの生活習慣病リスクを予測するAI(人工知能)を共同開発したと発表した。SOMPOホールディングスグループのヘルスケアサービスに関するノウハウと、東芝グループのAI、ビッグデータ解析技術を融合している。

 SOMPOホールディングスグループは、約500の健康保険組合に対して、特定保健指導を行うSOMPOヘルスサポートのノウハウと顧客ネットワークを持つ。また、東芝グループは、ビッグデータ解析技術やヘルスケアデータマイニング技術に関する知見を所有している。今回、両グループは共同で、研究協力機関など約100万人分、最長8年の健診データを基に開発した。

 両グループは、生活習慣病リスクを予測するAIの精度向上、食生活や運動習慣改善などの行動変容を促すためのソリューション開発を推進し、2018年度中に健康保険組合での特定保健指導などで実証実験を開始する。

 また、糖尿病発症後の重症化を予防する健康指導などのサービスに向けたアルゴリズムの開発、対象となる生活習慣病の範囲を拡大するAIの開発、強化を目指す。併せて、他企業との連携やヘルスケアデータを活用した新規事業の創出にも取り組んでいく。

photo 生活習慣病リスク予測AIを活用したスマホアプリの画面イメージ(クリックで拡大) 出典:東芝

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.