連載
» 2018年11月05日 13時00分 公開

3D設計推進者が見た中国製造業とデジタル変革(4):日本のモノづくりはこれからも強くいられるか (1/3)

「世界の工場」と呼ばれる中国であり、また世界有数の国際都市である上海の虹橋において「第20回 中国国際工業博覧会(CIIF2018)」が2018年9月19〜23日に開催された。会場周辺で、ダッソー・システムズ(Dassault Systemes、以下「ダッソー」)は、同年9月19〜20日まで「Manufacturing in the Age of Experience」を開催した。筆者は、ダッソーユーザーとして、また3D CAD推進者であり、製造業にかかわる一人としてそこに参加した。

[土橋美博/飯沼ゲージ製作所,MONOist]

 「世界の工場」と呼ばれる中国であり、また世界有数の国際都市である上海の虹橋において「第20回 中国国際工業博覧会(CIIF2018)」が2018年9月19〜23日に開催された。会場周辺で、ダッソー・システムズ(Dassault Systemes、以下「ダッソー」)は、同年9月19〜20日まで「Manufacturing in the Age of Experience」を開催した。筆者は、ダッソーユーザーとして、また3D CAD推進者であり、製造業にかかわる一人としてそこに参加した。

>>前回:IoTやIIoTビジネスと製造2025で進撃する中国

 開催2日目は、「Understand the main trends of Chinese Manufacturing Ecosystem」(中国の製造エコシステムにおける主なトレンドを理解しよう)と題して、CIIF2018の会場ツアーが行われた。CIIF2018は国家会展中心という展示場で開催されていた。このツアーでは、1日目のイベントで実施されていたワークショップで見た一気通貫製造のように、中国の製造エコシステムの中で製造の未来がどのように実践されているかを探ることを目的としており、その代表的な企業を見学していった。

 CIIF2018では以下のように、多岐にわたりかつ専門的な展示会が開催されていた。このツアーでは、「情報通信技術応用展」を見学した。

  • CNC工作機械及び金属加工展
  • 工業オートメーション展
  • 省エネ環境保護技術と設備展
  • 情報通信技術応用展(インダストリアルインターネット展):インダストリアルインターネット、AI、IoT、クラウドコンピューティングとビッグデータ、工業情報安全など(セキュリティ)
  • 新エネルギーと電力電工展
  • 新エネルギースマートカー展
  • ロボット展
  • 科学技術革新展
  • 新材料産業展

 情報通信技術応用展(インダストリアルインターネット展)では、IoTやAI、高速通信(5G)といった展示が他にも多く見られた。「中国製造2025」を支えていくものとして、進展している様子がうかがえる。この会場もまたどの出展者会場も多くの来場者であふれていた。

ダッソー・システムズ

 情報通信技術応用展にはダッソーも出展していた。中国でのダッソーのビジネス展開の重要性が高いといえる。ダッソーをスタート地点に、ダッソーのユーザー企業を回るCIIF2018ツアーが始まった。

ダッソー・システムズ展示会場

 ダッソーブースの展示構成は、別会場で開催されている「Manufacturing in the Age of Experience」と同調するものであった。「デジタライゼーション」「デジタルマニュファクチャリング」がテーマであり、これらの手法によりビジネスプラットフォームとして、製造最適化を行うものである。

Manufacturing Intekigence Sustainable Innovation&Excellence

 現場の機器とリアルタイムで統合され、パフォーマンスを監視し、情報をキャプチャーする。情報はリアルタイムダッシュボードで共有される。これにより、製造に問題が生じても、いつでもリアルタイムに解決されていく。

Augmented Reality Work Instruction

 そこではAR(Augmented Reality:拡張現実)のデモンストレーションが行われた。実物の組立作業を、ARにより可視化された様々な技術情報を得ながら、組み立てを行って行く。

ファーウェイ

 次に訪問したのは、ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)であった。スマートフォンでも有名な民間企業であり、世界有数のICTソリューションプロバイダーとしても知られている。

ファーウェイ展示会場
ファーウェイ、IIoTの構造

 ファーウェイが自社向けに構築したIIoTの構造である。開発設計・製造・保守のシステムがつながり、IIoT技術により、高品質化を図る。IIoTにより集められたデータはクラウド上に集められAIによって処理される。

クラウドシステム詳細

 上の写真は、IIoTの詳細説明が中国語で書かれている。モニタリング情報をチェックしながら品質情報を監視していく。製造の各工程に該当する生産設備とクラウドによってつながり、AIにより、各工程の製造設備に対しフィードバックを行い、品質向上を図る。

 ダッソーは「3DEXPERIENCEプラットフォーム」という産業向けソリューションを強みとしている。ファーウェイと組むことにより、デジタルエコシステムの最適化、設計、検証、製造を統合したソリューションが実現している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.